JavaScriptの変数のスコープについて現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaScriptの変数のスコープについて現役エンジニアが解説しています。変数のスコープとは変数が有効になる範囲のことです。変数のスコープや変数のスコープの優先順位、変数のスコープの種類などについて解説します。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

JavaScriptの変数のスコープについて、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使って初心者向けに解説します。

 

JavaScriptについてそもそもよく分からないという方は、JavaScriptとは何なのか解説した記事をまずご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、JavaScript/jQuery講座の内容をもとにしています。

 

田島悠介

今回は、JavaScriptに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

JavaScriptの変数のスコープについて詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

目次

 

変数のスコープとは

変数はプログラムのなかで参照できる範囲を持ちます。たとえば、関数の中で定義した変数は関数の外では使えません。これを「スコープ」と呼びます。変数のスコープはプログラミングにおいて必ず理解する必要がある考え方です。

なお、 JavaScriptの変数の定義には「var、const、let」の3種類がありますが、varはスコープについてあいまいであるためconstとletの使用が推奨されています。

この記事でもconstとletを対象としています。
 

[PR] JavaScript・jQueryで挫折しない学習方法を動画で公開中

スコープの優先順位とは

後述しますが、スコープは複数存在するため優先順位は「スコープが近い順」となります。

変数を参照する際は、参照している箇所から「ブロック→関数→グローバル」の順に変数の定義を検索し、はじめに現れた該当する変数を使用することになります。
 

スコープの種類

スコープには以下の種類があります。

  • グローバルスコープ:プログラムのどこからでも参照できるスコープです。関数やブロックの外で定義した変数が該当します。
  • 関数スコープ:関数の中でのみ参照できるスコープです。関数の中で定義した変数、および引数が該当します。
  • ブロックスコープ:{…} で囲ったブロックの中でのみ参照できるスコープです。ブロックのなかで定義した変数が該当します。

 

実際に書いてみよう

今回のサンプルプログラムでは変数のスコープについて確認します。実行はChromeブラウザーのデベロッパーツールで行いましょう。

まずはグローバルスコープの変数を定義します。

const message = "半径1から5までの円の面積";

次に関数 area を定義します。

// 円の面積を求める関数
const area = (r) => {
  const pi = 3.14;
  // 引数rは関数スコープ
  return r * r * pi;
}

グローバルスコープの変数を参照してみましょう。

console.log(message);

実行結果は以下のとおりです。グローバルスコープの変数が参照できていることが分かります。

半径1から5までの円の面積

次に、関数スコープの変数 pi を関数の外から参照してみましょう。

console.log(`円周率=${y}`);

以下のようにエラーとなってしまいます。関数スコープの変数は関数の外からは参照できません。

Uncaught ReferenceError: y is not defined

次にブロックスコープについて確認しましょう。

for (let i=1; i<=5; i++) {
  const z = area(i);
  console.log(`半径=${i}、面積=${z}`);
}

実行結果は以下のとおりです。変数 i と z はブロックスコープであるため for 文の中でのみ利用できます。

半径=1、面積=3.14
main.js:18 半径=2、面積=12.56
main.js:18 半径=3、面積=28.26
main.js:18 半径=4、面積=50.24
main.js:18 半径=5、面積=78.5

ブロックスコープの変数 z を関数の外から参照してみましょう。

console.log(z);

以下のようにエラーとなってしまいます。ブロックスコープの変数はブロックの外からは参照できません。

Uncaught ReferenceError: z is not defined

 

まとめ

今回の記事ではJavaScriptの変数のスコープについて学習しました。
 

筆者プロフィール

太田和樹(おおたかずき)

ITベンチャー企業のPM兼エンジニア

普段は主に、Web系アプリケーション開発のプロジェクトマネージャーとプログラミング講師を行っている。守備範囲はフロントエンド、モバイル、サーバサイド、データサイエンティストと幅広い。その幅広い知見を生かして、複数の領域を組み合わせた新しい提案をするのが得意。

開発実績:画像認識技術を活用した駐車場混雑状況把握(実証実験)、音声認識を活用したヘルプデスク支援システム、Pepperを遠隔操作するアプリの開発、大規模基幹系システムの開発・導入マネジメント。

地方在住。仕事のほとんどをリモートオフィスで行う。通勤で消耗する代わりに趣味のDIYや家庭菜園、家族との時間を楽しんでいる。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、JavaScript・jQueryを使ったWebサービス公開を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。