Javaのオーバーロードの使い方を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaのオーバーロードの使い方について解説しています。1つのクラスに同じ名前のメソッドを複数定義することをオーバーロードといいます。ここではオーバーロードの書き方、注意点を解説します。サンプルコードで実例を見ていきましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

Javaのオーバーロードの使い方について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

 

Javaについてそもそもよく分からないという方は、Javaとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まるでしょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプJava講座の内容をもとに作成しています。

 

田島悠介

今回は、Javaに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

オーバーロードの使い方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

目次

 

オーバーロードとは

オーバーロードとは、「1つのクラスに同じ名前のメソッドを複数定義すること」です。

オーバーロードを利用すると、1つのメソッド名を知っているだけで引数によって処理を切り替えられます。

 

[PR] Javaで挫折しない学習方法を動画で公開中

オーバーロードとオーバーライドの違い

オーバーロードとよく似た用語にオーバーライドがあります。

オーバーライドとは、「クラス継承の際に親クラスのメソッドと同じ名前のメソッドを子クラスで定義し直すこと」です。

オーバーライドした場合、親クラスのメソッドではなく子クラスのメソッドが呼ばれます。

 

また、便利な機能であるオーバーライドの注意点として、メソッドの引数は同じ数・型・順番にする必要があります。

オーバーロードとオーバーライドの違いをまとめると、オーバーロードは「同じクラスの中」であるのに対して、オーバーライドは「継承関係にある2クラス間」です。

 

オーバーロードの使い方

オーバーライドとの違いがわかったところで、オーバーロードの使い方について詳しくてみていきましょう。

また、実際にコードを書いていきます。

 

 1. Animalクラスを作成し、nameとageという2つの変数を定義する

2. setAnimalメソッドを引数の違いによって3種類定義する

 

class Animal:

{

    private String name;

    private int age;

    public void setAnimal(String nm)

    {

    name = nm;

    System.out.println(“名前を” + name + “に設定しました。”);

    }

    public void setAnimal(int ag)

    {

    age = ag;

    System.out.println( “年齢を” + age + “に設定しました。”);

    }

    public void setAnimal(String nm , int ag)

    {

    name = nm;

    age = ag;

    System.out.println( “名前を” + name + “年齢を” + age + “に設定しました。”);

    }

}

 

オーバーロードの注意点

オーバーロードする際の注意点は、引数の型と個数が全く同じである同名のメソッドは2つ以上定義できないという点です。

 

実際に書いてみよう

最後に、実際にオーバーロードを利用したコードを書いていきましょう。

クラスは先ほどのAnimalクラスをそのまま用い、追加するコードの概要を以下にまとめておきます。

 

1. Testクラスを作成する

2. Animalクラスのインスタンスを生成する

3. 名前だけを引数に与えてsetAnimal()をコール

4. 年齢だけを引数に与えてsetAnimal()をコール

5. 名前と年齢を引数に与えてsetAnimal()をコール

6. 名前と年齢が変わったことを確認

 

Class Test

{

    public static void main(String[] args)

    {

    animal anim1 = new Animal();

    anim1.setAnimal(“トラ男”);

    anim1.setAnimal(10);

    anim1.setAnimal(“トラ美”, 8);

    }

}

10歳だったトラ男が8歳のトラ美になりました。

このように、同じメソッド名でも引数を変えるだけで処理内容を変えることができることがオーバーロードのメリットになります。

 

まとめ

この記事ではオーバーロードの使い方について解説しました。

オーバーロードはJavaのオブジェクト指向プログラミングをする上で欠かせない知識であるため、よく理解しておきましょう。

 

執筆してくれたメンター

柴山真沙希(しばやままさき

大手IT企業などでエンジニアとして2年ほど勤務した後、個人事業主としてプログラミングスクール「エンペサール」を経営。

子供から大人まで幅広い層を対象にプログラミングを教えている。

得意言語はPython, HTML, CSSで、機械学習やデータ分析、スクレイピングなどが得意。

サッカー観戦や読書が趣味である。

 

大石ゆかり

Javaのオーバーロードの使い方がよく分かったので良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃん、分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、JavaやServletの技術を使ってWebアプリケーション開発を習得できるオンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。