Processingを利用してPythonのプログラムを作成する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにProcessingを利用してPythonのプログラムを作成する方法について現役エンジニアが解説しています。Processingとは、インタラクティブで視覚的にわかりやすいプログラミング言語です。インストール方法やProsessingでPythonプログラムを作成する方法を解説します。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

Processingを利用してPythonのプログラムを作成する方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して、初心者向けに解説します。

Pythonについてそもそもよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Python講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Processingを利用してPythonのプログラムを作成する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

目次

 

Processingとは

Processingとは、電子アートやビジュアルデザインに特化したプログラミング言語で比較的簡単なコードで視覚的に実行結果が確認できるためプログラミング初心者の勉強などにおすすめの言語です。

また、近年のデジタルアートの普及により注目を集めているプログラムになります。

開発当初はプログラミング言語”JAVA”をベースに開発されたものですが、現在はPythonでもProseccingが使用できるようになっています。

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

Processingのインストール方法

Processingをインストールするにはこちらの公式サイトから使用しているOSに対応したものをダウンロードします。

※WindowsOSの場合:Windows 64bit / 32bit
※MacOSの場合:MAC OS X

ダウンロードされたZipファイルを解答して、その中にあるインストーラを使用してインストールを行います。

実際にインストールが完了してProcessingを起動すると以下のような画面が立ち上がります。

Pythonのプログラムを作成する方法

ここではProsessingでPythonプログラムを作成する方法を紹介します。

記事冒頭でも述べたように、もともとはプログラミング言語”JAVA”で開発されたプログラムなのでインストール直後の初期状態ではJAVAモードで起動されます。

ProcessingでPythonプログラムを作成するには新たにPythonモードを追加する必要があります。ここではProcessingにPythonモードを追加する手順を紹介します。

①Processingを起動した最初の画面の右上に”JAVA”と表記されているボタンをクリック

②”モードの追加…”をクリック

③”モードの追加…”をクリックすると、新たに”Contribution Manager”という画面が立ち上がるので、その中から”Python Mode for Proseccing 3 | ….”を選択して画面右下の”Install”をクリックします。

※画面上にPython Modeの項目が見つからない場合は画面上部の”Filter”部分に”python”と入力すると探しやすいです。

④Pythonモードのインストールが完了したら最初の画面の右上のボタンからPythonモードの選択ができます。実際にPythonモードに切り替えると以下のようになります。

これでProseccingでPythonのプログラムが作成できるようになりました。

実際に実装してみよう

それでは、Processingを利用してPythonのプログラムを作成する方法についてサンプルコードを例に実際にプログラムを実装してみましょう。

ここでは簡単なペイント機能を持ったサンプルコードの紹介をします。

サンプルコード

# 画面に表示するキャンバスのサイズを設定します。
def setup():
  size(600, 600)

# 描画する機能を設定します。
def draw():
  # マウスがクリックされた場合の処理
  if mousePressed:
    # 壁画する色をRGBで指定
    fill(255,255,255)

    # 壁画するサイズを指定
    ellipse(mouseX, mouseY, 20, 20)

  # マウスがクリックされていない場合の処理
  else:
    # マウスがクリックされていない場合は何もしない
    pass

 

実行結果

解説

コード2-3行目では、表示するキャンバスのサイズを指定しています。ここでは縦600px:横600pxのサイズで設定しています。コード4-18行目では、キャンバスに壁画をする為の設定をしています。

if文を使用して、マウスのクリックを検出しクリックした時のみキャンバスに白色のマークが描かれるようになってます。

実行結果ではキャンバス上でマウスのクリックに連動して絵が描けるようになっていることが確認できます。

まとめ

今回は、Processingを利用してPythonのプログラムを作成する方法について紹介しました。サンプルコードで紹介したように、Processingを使用することで簡単にプログラムを視覚的に表現することができます。

また、Pythonが持つ豊富なライブラリや様々な関数等を組み合わせてより複雑なアート作品を作ることも可能になります。

記事冒頭で述べたように、デジタルアートの世界ではProseccingを使用した様々な作品が生み出されていますので、興味のある方は是非調べてみてください。

監修してくれたメンター

菅繕久(すがよしひこ)

現在はフリーランスのエンジニアをしていてプログラミング歴は8年目になります。

普段は Python、FileMaker等を使って様々な業務で活用できるIoTプロダクトRPAツールを作成しています。
開発実績としては、業務自動化ツール(在庫管理・発注・ファイル操作 etc)、電子カルテシステム、ロボット用プログラムなどがあります。
TechAcademyではPythonコースを担当しております。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、Pythonを使った人工知能(AI)や機械学習の基礎を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。