PHPでクッキーを削除する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPHPでクッキーを削除する方法について現役エンジニアが解説しています。クッキー(cookie)とは、ブラウザが持つ、ユーザが使用するスマホやPCに情報を保存する機能です。 クッキーを削除するにはsetcookie関数を使って、現在時刻より過去のクッキー有効期限を渡す方法があります。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

今回は、PHPでクッキーを削除する方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

 

PHPについてそもそもよく分からないという方は、PHPとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、PHP/Laravel講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、PHPに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

PHPでクッキーを削除する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 
この記事では、PHPでクッキーを削除する方法について紹介しています。

クッキーの概要からその利用方法について記載していて、クッキーについてあまりよく分からないという方でも、理解できる内容となっています。
 

目次

 

クッキーとは

クッキー(cookie)とは、ブラウザが持つ、ユーザが使用するスマホやPCに情報を保存する機能の一つです。

クッキーには、ユーザのログイン情報やブラウザで開いたWebサイトの設定情報など様々な用途で情報を保存する仕組みとして利用されています。

例えば、一度ログインしたWebサイトにログインIDやパスワードなどを入力しないでログインできるのは、クッキーにログイン情報を保存する仕組みが利用されています。
 

[PR] PHPのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

PHPでクッキーを削除する方法

PHPで、クッキーを削除するためには、setcookie関数を使用します。

setcookie関数でクッキーを削除する方法:

setcookie($削除するクッキー名,"", $現在時刻より過去のクッキー有効期限)

 

setcookie関数は、クッキーに情報を設定するための関数ですが、第一引数で「削除するクッキー名」を指定し、第三引数で「現在時刻より過去のクッキー有効期限」を渡すことで、指定したクッキーの情報を削除することが可能です。

これは、本来クッキーの有効期限を引数で渡すところを「過去の有効期限」を渡すことで、クッキーが有効期限切れの状態となり、削除されるという仕組みです。

「過去の有効期限」の数値は、現在より過去(マイナス)であればいくつを設定しても削除されます。
 

実際に書いてみよう

それでは、実際にsetcookie関数を使用して、クッキーをセットし、削除する例を見ていきましょう。

サンプルコード:

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta charset="utf-8">
<body>
<?php
if(isset($_COOKIE["cookie"])) {
  // クッキー名"cookie"に値がセットされていたら削除する
  echo"クッキーの値:".$_COOKIE["cookie"]."<br />";
  setcookie("cookie", "", time() - 30);
  echo"クッキーを削除しました";

  // 削除確認用メッセージをクッキーにセット
   setcookie("cookie_delete", "\"cookie\"は削除されています", time() + 3600);
} else if(isset($_COOKIE["cookie_delete"])) {
   // クッキー削除確認メッセージ出力
   echo $_COOKIE["cookie_delete"];
} else {
  // クッキーをセット
  setcookie("cookie", "cookie_info", time() + 3600);
  echo"クッキーをセットしました";
}
?>

</body>
</html>

 

実行結果(1回目):

実行結果(2回目):

実行結果(3回目):

上記の例では、

①elseブロックでクッキーのセット
②ifブロックでセットしたクッキーの削除とクッキー削除確認メッセージのセット
③else ifブロックでクッキー削除確認メッセージの出力

の順番で実行回数によって別の処理を行っています。

①のelseブロック内の処理では、”cookie”というクッキー名で、クッキーをセットしています。

②のifブロック内の処理は、クッキー(”cookie”)がセットされている場合実行されるようになっていて、クッキー(”cookie”)の削除と、削除確認メッセージを”cookie_delete”という名前のクッキーにセットしています。

③のelse ifブロック内の処理は、クッキー(”cookie”)が削除されていて、クッキー(”cookie_delete”)がセットされている場合に実行されているようになっていて、このelse ifブロック内で削除メッセージが出力されることによって、クッキー(“cookie”)の削除が行われていることを確認できるようになっています。
 

まとめ

以上、PHPでクッキーを削除する方法についてご紹介しました。

クッキーのセット・削除は、どちらもsetcookie関数で行えるので、setcookie関数の使用方法をしっかりマスターして、状況に応じて使い分けられるようにしましょう。
 

筆者プロフィール

平野大輝(ひらのだいき)

スキル:PHP・Java・JavaScriptを用いて様々なアプリを開発するWebエンジニア。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、PHPやフレームワークのLaravelを使ってWebアプリケーション開発を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。