Pythonのconjugate関数で共役複素数を求める方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPythonのconjugate関数で共役複素数を求める方法について現役エンジニアが解説しています。共役複素数とは、ある複素数に対して、複素数虚部の符号を反転させたものです。そして、今回は関数を使用して、共役複素数を求めしょう。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

Pythonのconjugate関数で共役複素数を求める方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して、初心者向けに解説します。

 

Pythonについてそもそもよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まるでしょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプPython講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Pythonのconjugate関数で共役複素数を求める方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

目次

 

共役複素数とは

ある複素数に対して、複素数虚部の符号を反転させたものを共役複素数といいます。

例えば、複素数zをz=a+biとあらわす場合(a,bは実数)、共役複素数はa-biです。

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

conjugate関数の使い方

Pythonではa + bj, a – bj (a,bは実数)の形式で複素数を定義できます。

記号はiでなくjであることに留意しましょう。

複素数オブジェクトに対しconjugateメソッドを呼び出すと、共役複素数を得られます。

実際に書いてみよう

サンプルコードと実行結果

Pythonインタプリタで実行します。

>>> c = 1 + 2j
>>> c.conjugate()
>>> (1-2j)

 

解説

複素数cを定義しました。

cに対しconjugate()メソッドを実行すると、共役複素数を得られました。

まとめ

この記事ではPythonで複素数を定義する方法と、共役複素数を求める方法を紹介しました。

執筆してくれたメンター

橋本紘希(はしもとひろき)

システムインテグレータ企業勤務のシステムエンジニア。

開発実績: Javaプログラムを用いた業務用Webアプリケーションや、基幹システム用バッチアプリケーションなどの設計構築試験。

 

大石ゆかり

Pythonのconjugate関数で共役複素数を求める方法がよく分かったので良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃん、これからも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、Pythonを使った人工知能(AI)や機械学習の基礎を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。