Pythonでストリームデータを扱う方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPythonでストリームデータを扱う方法について現役エンジニアが解説しています。ストリームとは、データの入出力を行う、ファイルやネットワークなどを抽象化した概念のことです。ストリームデータを扱う場合ioモジュールを使いましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

Pythonでストリームデータを扱う方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して、初心者向けに解説します。

 

Pythonについてそもそもよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まるでしょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプPython講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Pythonでストリームデータを扱う方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

目次

 

ストリームデータとは

ストリームとは、プログラミングでデータの入出力を行うもの(メモリ、ファイル、ネットワークなど)を抽象化した概念です。

無限に発生するデータ群や性質・傾向が変化するものは、ストリームデータに該当します。

 

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

ioモジュールについて

ioモジュールはPythonでストリームデータを扱うためのモジュールです。

テキストストリーム、バイナリストリーム、raw(生)ストリームを扱え、多用されるのは前者2つです。

また、ストリームの入出力先には、ファイル(ハードディスク)やメモリがありえます。

 

ioモジュールの使い方

テキストストリームを作成するには、組み込み関数のopenやio.StringIOクラスを用います。

バイナリストリームを作成するには、openでバイナリモードを指定したり、io.BytesIOクラスを用いましょう。

 

実際に書いてみよう

サンプルコード

def copy_stream(ins, outs):
    data = ins.read()
    outs.write(data)

with open('src.txt') as inf:
    with open('dst.txt', 'w') as outf:
        copy_stream(inf, outf)

 

実行結果

src.txtの内容がdst.txtにコピーされました。

 

解説

copy_stream関数を定義しました。この関数はinsストリームから読み取った内容を、outsストリームに書き込みましょう。

src.txtを読み込みモード、dst.txtを書き込みモードで開きました。

ファイルオブジェクトもストリームとして扱えるため、引数に指定し、copy_streamを実行しています。

 

まとめ

この記事ではioモジュールを用いて、Pythonでストリームデータを扱う方法を紹介しました。

ストリームデータを上手く扱っていきましょう。

 

執筆してくれたメンター

橋本紘希(はしもとひろき)

システムインテグレータ企業勤務のシステムエンジニア。

開発実績: Javaプログラムを用いた業務用Webアプリケーションや、基幹システム用バッチアプリケーションなどの設計構築試験。

 

大石ゆかり

Pythonでストリームデータを扱う方法がよくわかったので良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃん、これからも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、Pythonを使った人工知能(AI)や機械学習の基礎を習得できるオンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。