JavaScriptでブラウザのリロードを判定する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaScriptでブラウザのリロードを判定する方法について現役エンジニアが解説しています。リロードとは再読み込みのことでF5キーやブラウザの更新ボタンなどのことです。リロードを判定するには、window.performance.navigation.typeの値を確認する方法があります。

テックアカデミーマガジンは受講者数No.1のプログラミングスクール「テックアカデミー」が運営。初心者向けにプロが解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。 ※ アンケートモニター提供元:GMOリサーチ株式会社 調査期間:2021年8月12日~8月16日  調査対象:2020年8月以降にプログラミングスクールを受講した18~80歳の男女1,000名  調査手法:インターネット調査

JavaScriptでブラウザのリロードを判定する方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使って初心者向けに解説します。

 

JavaScriptについてそもそもよく分からないという方は、JavaScriptとは何なのか解説した記事をまずご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、JavaScript/jQuery講座の内容をもとにしています。

 

田島悠介

今回は、JavaScriptに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

JavaScriptでブラウザのリロードを判定する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

目次

1時間でできる無料体験!

 

リロードとは

再読み込みのことです。

ブラウザの画面を更新すると、Webサイトを読み込み直しします。この動作をリロードと呼びます。
 

[PR] フロントエンドで副業する学習方法を動画で公開中

window.performance.navigation.typeとは

PerformanceNavigationオブジェクトのプロパティとしてtypeがあります。ここには、表示しているWebサイトがどのように表示されたかを表す値が格納されています。

格納される値は4種類あり、それぞれ下記の表のような意味があります。

0 リンクやブックマーク、または、URLの直接入力でアクセス
1 画面更新ボタンなどのリロード(再読み込み)でアクセス
2 履歴からのアクセス
255 その他のアクセス

 

window.performance.navigation.typeの使い方

windowオブジェクトは記述の省略が可能なので、performance.navigation.typeと記述するだけで使えます。

performanceオブジェクトはJavaScriptに標準で含まれているのでnewなどで生成する必要もありません。performance.navigation.typeには画面のアクセス方法を表す値が格納されています。

この値で処理を分岐すればアクセス方法によって、表示内容を変更できます。
 

コラム

実は私も!?独学で損する人の特徴

「スクールは高いから独学で成功する」という気持ちの方は多いと思います。
もちろんその方が金額は低く抑えられるでしょう。
ただ 独学には向き不向きがあり、実はスクールが向いている人も大勢います。

そんな方のために参考として、 テックアカデミー卒業生がスクールを選んだ理由 をご紹介します。

  • ・困って挫折しそうなときに、質問や相談できる相手がいる環境で学んでいきたいなと思った
  • ・わかった気になっているだけだったので、自分を追い込む環境に置いた方がいいと感じた
  • ・スクールのカリキュラムで市場に求められるスキルを学ぶべきと思った

少しでも当てはまる部分があれば、 スクールが向いているかもしれません。
お試しのつもりで、まずは一度 無料体験 に参加してみませんか?

初心者でも最短1時間で学習が体験できるカリキュラム、現役エンジニアに何でも相談できるカウンセリング、無制限のチャット質問サービスすべて無料で体験 できます。
無理な勧誘は一切ない ので、お気軽にご参加ください。

今なら体験者限定の割引特典付き! 無料体験はこちら

ブラウザのリロードを判定する方法

performance.navigation.typeの値を確認します。値が1ならばリロードでの表示ということになります。
 

実際に書いてみよう

アクセスした方法によって変わるPerformanceNavigationオブジェクトのtypeプロパティの値を確認するだけなので

記述も下記の1行だけです。

performance.navigation.type

何かのサイトを表示して、コンソールで上記のコードを実行してみます。

結果は実行するタイミングで変わります。

サイトをリンクやURL入力で表示した時に実行すると、リンクやURLの直接入力などによるアクセスを意味する0が表示されます。画面をリロードしてもう一度上記のコードを実行すると、リロードによるアクセスを意味する1が表示されます。
 

1時間でできる無料体験!

まとめ

使い方は簡単ではあるものの、PerformanceNavigationはすでに非推奨の機能です。PerformanceNavigationTimingという機能に置き換わりつつあります。

使用する際はブラウザの対応状況に注意してください。
 

筆者プロフィール

横山茂雄(よこやましげお)

フリーエンジニアとして活動中。サーバーサイドからフロントまで時代の波に合わせてスキルを変化させてきました。

言語、フレームワーク、DB、現場、いずれも転々としながら、筋トレも欠かさない体育会系エンジニアです。TechAcademyジュニアのゲームアプリコースを担当しています。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも、JavaScript・jQueryを使ったWebサービス公開を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。

独学に限界を感じたら…テックアカデミーに相談しよう

プログラミングを独学していて、このように感じた経験はないでしょうか?

  • ・調べてもほしい情報が見つからない
  • ・独学のスキルが実際の業務で通用するのか不安
  • ・目標への学習プランがわからず、迷子になりそう

テックアカデミーでは、このような 独学に不安を抱えている方へ、現役エンジニア講師とマンツーマンで相談できる機会を無料で提供 しています。
30分間、オンラインでどんなことでも質問し放題です。

「受けてよかった」と感じていただけるよう 厳しい試験を通過した講師 があなたの相談に真摯に向き合います。

「ただ気になることを相談したい」
「漠然としているがプロの話を聞いてみたい」

こんな気持ちでも大丈夫です。

無理な勧誘は一切ありません ので、まずはお気軽にご参加ください。
※体験用のカリキュラムも無料で配布いたします。(1週間限定)

今なら参加者限定の割引特典付き! 無料で予約する