PHPでタイムスタンプを取得する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPHPでタイムスタンプを取得する方法について現役エンジニアが解説しています。UNIXタイムスタンプとは、協定世界時間(UTC)で1970年の1月1日0時0分0秒からの経過秒数のことです。UNIXタイムスタンプを取得する方法には、time()関数を使うものがあります。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

今回は、PHPでタイムスタンプを取得する方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

 

PHPについてそもそもよく分からないという方は、PHPとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、PHP/Laravel講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、PHPに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

PHPでタイムスタンプを取得する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 
この記事では、PHPでタイムスタンプを取得する方法について紹介しています。

タイムスタンプについてよく分からない方でも、理解できる内容となっております。
 

目次

 

タイムスタンプとは

タイムスタンプとは、ある出来事が日時を証明するものです。PHPは「UNIXタイムスタンプ」というものを採用しています。
 

UNIXタイムスタンプとは

UNIXタイムスタンプとは、協定世界時(UTC)での1970年1月1日0時0分0秒からの経過時間を秒数で表したものです。

PHPで使用する「タイムスタンプ」は、この「UNIXタイムスタンプ」を表します。
 

[PR] PHPプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

タイムスタンプを取得する方法

それでは、PHPでタイムスタンプを取得する方法について見ていきましょう。
 

現在のタイムスタンプを取得する方法

現在のタイムスタンプを取得するには、PHPのtime関数を使用します。

使用方法:

time()

time関数は引数を渡さずに呼び出すだけで、現在のタイムスタンプを取得できます。
 

指定日時のタイムスタンプを取得する方法

指定日時のタイムスタンプを取得する方法として、mktime関数を使用する方法とstrtotime関数を使用する方法の2種類あります。

mktime関数使用方法:

mktime(時, 分, 秒, 月, 日, 年)
例)mktime(5, 4, 3, 2, 1, 2020) → 1970/1/1 0:0:0 ~ 2020/2/1 5:4:3までの経過秒数を返却

mktime関数の引数は、時/分/秒/月/日/年の数値を引数と渡すことで、日時を指定することでタイムスタンプを取得することができる関数です。

引数は、右から順に省略可能で、省略された場合は、ローカルの日時に従って、現在の値がセットされます。

strtotime関数使用方法:

strtotime(英文形式文字列 or日付/時刻 フォーマット文字列)

英文形式文字列使用例)
strtotime("+1 day +1 week +1 month +1 year") → 本日から1年1ヶ月と1週間と1日加算してタイムスタンプを取得する

日付/時刻 フォーマット文字列使用例)
strtotime("2020-01-02 03:04:05") →1970/1/1 0:0:0 ~ 2020/1/2 3:4:5までの経過秒数を取得する

strtotime関数は2種類の形式で引数を渡すことができます。

1つ目は、英文形式文字列でを引数として渡す方法です。
2つ目は、日付/時刻 フォーマット文字列を引数として渡す方法です。

「1ヶ月後のタイムスタンプを取得したい」というような場合は、英文形式文字列を使用し、

「正確な日時を指定してタイムスタンプを取得したい」というような場合は、日付/時刻 フォーマット文字列を使用するなどの使い分けができるかと思います。
 

実際に書いてみよう

それでは、上記で紹介した関数を使用してタイムスタンプを取得する例を見ていきましょう。

サンプルコード:

<?php
// 現在日時のタイムスタンプを取得する
echo time()."n";

// 指定日時のタイムスタンプを取得する
echo mktime(5, 4, 3, 2, 1, 2020)."n";
echo strtotime("+1 day +1 week +1 month +1 year")."n";
echo strtotime("2020-01-02 3:4:5");
?>

実行結果:

1589092288
1580533443
1623997888
1577934245

上記では、現在日時のタイムスタンプをtime関数で、指定日時のタイムスタンプをmktime関数とstrtotime関数で取得し、取得したタイムスタンプを実行結果として出力しています。

実行結果の数値は、1970年1月1日 0時0分0秒から現在または指定日時までの経過秒数であって、これがPHPのタイムスタンプです。タイムスタンプはこのような数値になっている点を確認しましょう。
 

まとめ

以上、PHPでタイムスタンプを取得する方法についてご紹介しました。

タイムスタンプの取得方法は、このように様々です。今回紹介した関数、time/mktime/strtotimeの使用方法を覚えて、実際の開発では、仕様によって使い分けられるようにしましょう。
 

筆者プロフィール

平野大輝(ひらのだいき)

スキル:PHP・Java・JavaScriptを用いて様々なアプリを開発するWebエンジニア。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも、PHPやフレームワークのLaravelを使ってWebアプリケーション開発を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。