JavaScriptのPromise.allメソッドの使い方を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaScriptのPromise.allメソッドの使い方について現役エンジニアが解説しています。PromiseとはJavaScriptで非同期処理を分かりやすく記述するための仕組みです。複数の非同期処理を全て実行します。Promise.allの書き方や仕組みを解説します。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

JavaScriptのPromise.allメソッドの使い方について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使って初心者向けに解説します。

JavaScriptについてそもそもよく分からないという方は、JavaScriptとは何なのか解説した記事をまずご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、JavaScript/jQuery講座の内容をもとにしています。

 

田島悠介

今回は、JavaScriptに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

JavaScriptのPromise.allメソッドの使い方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

目次

 

Promiseとは

PromiseとはJavaScriptで非同期処理を分かりやすく記述するための仕組みです。

プログラムには、完了まで時間がかかったり、いつ完了するか分からないような処理があります。そのような処理を「主たる処理の実行順」とは別に進めておいて、完了した際に主たる処理に結果を返す処理方法を「非同期処理」と呼びます。

Promiseはresolveとrejectの2つの関数を引数に取ります。非同期処理が成功した際にはresolveが、失敗した際にはrejectが実行されます。

以下は、Promise を返す非同期処理の例です。

const func1 = () => {
  return new Promise((resolve, reject) => {
    if (条件) {
      resolve('処理成功);
    } else {
      reject('処理失敗');
    }
  })
};

非同期処理の呼び出し元の記述は以下のようになります。Promiseのresolveはthen 、 rejectはcatchに紐付いており、非同期処理の成功/失敗に応じてそれぞれの処理が実行されます。

func1()
  .then((result) => {
    // 非同期処理が成功した
  })
  .catch((result) => {
    // 非同期処理が失敗した
  });

 

[PR] JavaScript・jQueryで挫折しない学習方法を動画で公開中

Promise.allメソッドの使い方

複数の非同期処理を全て実行するのがPromise.allメソッドです。引数には実行する非同期処理を配列で指定します。

Promise.all([非同期処理1, 非同期処理2, ...])
  .then((result) => {
    // 全ての非同期処理が成功した
  })
  .catch((result) => {
    // いづれかの非同期処理が失敗した
  });

全ての非同期処理が成功した場合にはthen 、いづれかの非同期処理が失敗した場合にはcatchが実行されます。

Promise.allについて、詳しくは以下の記事も参考にしてください。

MDN – Promise

実際に書いてみよう

今回のサンプルプログラムではPromise.allメソッドの使い方について確認します。

index.html

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
  <meta charset="utf-8">
  <title>sample</title>
</head>
<body>
  test
<script type="text/javascript" src="main.js"></script>
</body>
</html>

main.js

// 非同期処理の定義
const func1 = (t) => {
  return new Promise((resolve, reject) => {
    setTimeout(() => {
      if (t > 0) {
        resolve(`${t}秒`);
      } else {
        reject('秒数を指定してください');
      }
    }, t * 1000);
  })
}

Promise.all([func1(1), func1(2), func1(3)])
  .then((result) => {
    console.log(result);
  })
  .catch((result) => {
    console.log(result);
  });

実行結果は以下のとおりです。3秒経過後に以下のように出力されます。

(3)["1秒", "2秒", "3秒"]
  0:"1秒"
  1:"2秒"
  2:"3秒"
  length:3

いづれかの引数を0にすると catch メソッドが実行されます。試してみましょう。

Promise.all([func1(0), func1(2), func1(3)])
  .then((result) => {
    console.log(result);
  })
  .catch((result) => {
    console.log(result);
  });

実行結果は以下のとおりです。

秒数を指定してください

 

まとめ

今回の記事ではJavaScriptのPromise.allメソッドの使い方を学習しました。

筆者プロフィール

太田和樹(おおたかずき)

ITベンチャー企業のPM兼エンジニア

普段は主に、Web系アプリケーション開発のプロジェクトマネージャーとプログラミング講師を行っている。守備範囲はフロントエンド、モバイル、サーバサイド、データサイエンティストと幅広い。その幅広い知見を生かして、複数の領域を組み合わせた新しい提案をするのが得意。

開発実績:画像認識技術を活用した駐車場混雑状況把握(実証実験)、音声認識を活用したヘルプデスク支援システム、Pepperを遠隔操作するアプリの開発、大規模基幹系システムの開発・導入マネジメント。

地方在住。仕事のほとんどをリモートオフィスで行う。通勤で消耗する代わりに趣味のDIYや家庭菜園、家族との時間を楽しんでいる。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、JavaScript・jQueryを使ったWebサービス公開を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。