Javaのprintf関数の使い方について現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaのprintf関数について解説しています。printf関数はコンソールやログに文字を出力する際に使用されます。基本の書き方と出力できる文字の書式について学びましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

Javaのprintf関数の使い方について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

 

Javaについてそもそもよく分からないという方は、Javaとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まるでしょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプJava講座の内容をもとに作成しています。

 

田島悠介

今回は、Javaに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

printf関数について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

目次

 

printf関数とは

printf関数とはJavaのメソッドの一つで、コンソールやログに文字を出力するための関数です。

この関数は文字のフォーマットを指定することができるため数字の後ろに単位を付けたり、金額を表示する際にカンマを付けたりすることもできます。

 

[PR] Javaで挫折しない学習方法を動画で公開中

printf関数の使い方

printf関数は以下の形式で使いましょう。

System.out.printf(書式, 引数1, 引数2, ・・・);

第一引数には出力する文字の書式を、第2引数以降は出力させる値を設定します。

書式の「%」プラス以下の記号の部分に引数で設定した値を設定し、記号には以下のようなものを使用しましょう。

記号 説明 記述例 出力例
d 整数を出力 System.out.printf(“%d”, 123) 123
f 小数点で出力 System.out.printf(“%f”, 123.4) 123.4
s 文字列を出力 System.out.printf(“%s”, “こんにちは”) こんにちは
c 文字を出力 System.out.printf(“%c”, ‘こ’)
b 真偽値を出力 System.out.printf(“%b”, true) true
最小桁数を指定 System.out.printf(“%5d”, 123) 〇〇123
.数 表示幅。小数点を指定した場合は四捨五入します。
文字列の場合は指定した幅分左から表示
System.out.printf(“%.2f”, 123.456) 123.46

 

printf関数は出力した文字の後は改行しないで連続で出力すると右に出力され、改行したい場合は書籍の最後に改行コードを書く必要があります。

 

実際に書いてみよう

printfメソッドを使って文字列の書式を指定して出力してみましょう。

 

プログラムソースコード

 

public class Main {
  public static void main(String[] args) {
    System.out.printf("%d\n", 21);
    System.out.printf("%f\n", 1.07);
    System.out.printf("%s\n", "おはようございます");
    System.out.printf("%.1f\n", 1.07);
    System.out.printf("%d%s\n", 1500, "円");
  }
}

 

実行結果

21
1.070000
おはようございます
1.1
1500円

 

まとめ

この記事ではJavaのprintf関数について解説しました。

printf関数はコンソールやログに対して文字を出力する重要な関数ですので使い方を覚えて使えるようにしましょう。

 

執筆してくれたメンター

メンターSさん

システムエンジニアとしてこれまで行政システムや医療用システムの保守、開発に携わりました。

JavaやPython、PHP、Kotlinなど様々な言語での開発経験があります。

TechAcademyではJavaコース、Pythonコース、AIコースなど7コースを担当しています。

 

大石ゆかり

Javaのprintf関数の使い方についてよく分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃん、これからも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、JavaやServletの技術を使ってWebアプリケーション開発を習得できるオンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。