Rubyのcase文でblankを使う方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにRubyのcase文でblankを使う方法について現役エンジニアが解説しています。case文とは入力した値に対して決められた値を返す制御構文の一つです。blankとは、文字や値が入っていない状態のことです。ダブルクォーテーションやシングルクォーテーションで表現します。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

Rubyのcase文でblankを使う方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

 

Rubyについてそもそもよく分からないという方は、Rubyとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Ruby講座の内容をもとに紹介しています。
 

田島悠介

今回は、Rubyに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Rubyのcase文でblankを使う方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

目次

 

case文とは

入力した値に対して決められた値を返す制御構文の一つです。

if文では「もし〇〇のという条件の場合」には「この値を返す」という記述方法になります。

これはtrueかfalse、つまり正しいか誤りかで判断されて値が返ってきます。

case文はif分とは違い、いくつもの条件と値を用意しておき、その条件に当てはまった場合に決められて値を返すことになります。

if分もelseifを記述することによりいくつもの条件を冗長的に記述することは可能ですが、コードの可読性が悪く、分かりづらくなってしまいます。

また、case分では複数の条件の内のどれかと一致すれば特定の値を返す、というような文も記述しやすく、複数人でのコーディングの際にも分かりやすいコードとなります。
 

[PR] Rubyのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

case文でblankを使う方法

blankとは、文字や値が入っていない状態(ブランク状態)であることを言い、nilやfalseとは違います。nilはオブジェクトなどの値が存在していないことを表し、falseでは等しくないであることを表しています。

変わってblankは空文字と呼ばれるまさに何も入っていない状態を表します。

変数の値が空欄の場合にはダブルクォーテーションを記述することで空文字を記述できます。

ダブルクォーテーションの間に半角スペースなどは入れる必要はなく、2個を連続で記述することで表現されます。またrubyではダブルクォーテーションの代わりにシングルクォーテーションでも同様の記述が可能です。

シングルクォーテーションの場合には特殊文字を表現したい場合には使用しませんが、通常の文字列であれば表示に違いはありません。
 

実際に書いてみよう

(test.rb)

test = ""
 case test
 when 'test1'
 puts '1番目'
 when 'test2'
 puts '2番目'
 when "test3"
 puts '3番目'
 when ''
 puts '空欄です'
 end

 

まとめ

上記のファイルtest.rbを実行した場合には「空欄です」と返ってくれば成功です。

条件分岐には記述方法は複数ありますが、複数人で行うプログラミングや規模が大きい場合には少しでも可読性が良くなるように記述していくことが大切です。
 

筆者プロフィール

木村勇土

TechAcademyの現役メンター。

現在は行政書士事務所を運営しており、お客様にはプログラマーやフリーランサーも多い。
WordPressを中心とした自社のWebサイトの修正などを行なっている。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、Ruby on Railsを使ったプログラミングを習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。