XcodeでUINavigationBarを追加する方法【初心者向け】

XcodeのUIパーツの1つである【UINavigationBar(ナビゲーションバー)】を追加する方法について初心者向けに解説した記事です。iPhoneアプリなどに、画面遷移のためのバーを表示させることができます。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が1,000以上あります。

iPhoneアプリ開発では、アプリの画面を作るのに便利なUIパーツが多数用意されています。

今回は、XcodeUINavigationBar(ナビゲーションバー)を追加する方法を初心者向けに解説します。

 

なお本記事は、TechAcademyのiPhoneアプリ開発オンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。

 

UINavigationBarとは

iOSアプリでは画面遷移をするものが多々あります。通常、この遷移は一方向ではなくて、前の画面に戻れるようになっています。

そんなときに前の画面に戻るといった遷移をさせるために使うのがUINavigationBarです。

 

 

UINavigationBarの使い方

他のUIパーツと同様に、ストーリーボードからドラッグ&ドロップで設置が可能です。

UINavigationBar
XcodeScreenSnapz002

ただし、どの画面に遷移させるかを設定する必要があるので、このやり方は非効率です。

 

そこで改めて、Navigation Controllerを配置します。

XcodeScreenSnapz003

追加すると2つの画面が表示されます。
XcodeScreenSnapz004

 

この時、画面右側のViewが「Root View Controller」となっていることに注目してください。左側の「Navigation Controller」ではコードを書く必要はありません。

また、デフォルトではRoot View ContollerはUITableViewになっていますが、これを削除してView Controllerにすることもできます。

XcodeScreenSnapz005

 

やり方は、Navigation Controllerから右ドラッグでView Controllerへ線を引き、表示されるオプションからRoot View Controllerを選択するだけです。

XcodeScreenSnapz006

XcodeScreenSnapz007
この結果として、ViewContorllerにNavigatioin Barが付き、Segueもrootになりました。
XcodeScreenSnapz008

 

 

[PR] iPhoneアプリの開発で挫折しない学習方法を動画で公開中

クラスの指定

追加したUIViewControllerにはクラスが割り当てられています。

これでは処理を記述できないので、元々プロジェクトを生成した時にUIViewControllerのクラスとして生成されたViewControllerを利用します。ただし、この後もSegueで画面が繋がることを想定してrootViewContorllerという名前にしておきます。

 

まず、ViewContoroller.hを選択し表示されるソースの

@interface ViewController : UIViewController

のViewControllerを選択します。
XcodeScreenSnapz009
さらに、メニューから「Edit」→「Refactor…」→「Rename」と選択します。

XcodeScreenSnapz010

 

 

このような入力画面が表示されますので、名前をrootViewContorllerにします。

XcodeScreenSnapz011
XcodeScreenSnapz012

 

すると、@interfaceのみならず、ファイル名や.mファイルの#importや@interface、@implementationまで修正されています。

 

さらにStoryboardでviewControllerを選択し、CustomClassにrootViewControllerを指定します。

XcodeScreenSnapz012

 

 

第2の画面の生成

第2の画面はTableViewとして生成します。StoryboardでTableView Controllerを配置してください。

XcodeScreenSnapz013

 

この状態ではTableViewContollerにクラスが割り当てられていませんので、SecondViewControllerという名称のクラスを生成して、割り当ててみます。

まずは、File→New→Fileと進みます。

XcodeScreenSnapz015

表示されるダイアログで、Objective-C classを選択します。

XcodeScreenSnapz016

Nextをクリックするとクラス名とスーパークラスの入力を求められます。クラス名はSecondViewControllerで、スーパークラスはUITableViewControllerになります。

さらにNextをクリックするとファイルの保存場所を尋ねるダイアログが表示されます。

XcodeScreenSnapz017

ここでは他のファイルと同じ場所を選択してください。

最後にCreateボタンを押すとSecondViewController.hとSecondViewController.mが生成されます。SecondViewControllerのコーディングは基本的に通常のUITableViewControllerと同じです。

 

 

Navigation Itemの追加

Navigation Barにタイトルやボタンを設定するために、RootViewControllerのNavigationBarにNavigation Itemを追加します。

XcodeScreenSnapz018

XcodeScreenSnapz019

 

ここでは、RootViewControllerのNavigation ItemにSecondViewControllerに遷移するためのBarButton Itemを追加します。

XcodeScreenSnapz020
XcodeScreenSnapz021
デフォルトで表示される文言が「Item」ですので、インスペクタを使ってTitleを「Next」にします。

XcodeScreenSnapz022

 

このボタンからSecondViewControllerへ向けて右ドラッグで線を引きます。

XcodeScreenSnapz023

 

ここで表示されるポップアップからpushを選択してください。
XcodeScreenSnapz024

これでRootViewControllerからSecondViewControllerへのpushのSegueが接続されました。

 

 

実行する

最後に実行して確認してみましょう。

まずは何もないViewが表示されます。

IMG_0389

 

ここでNextをタップすると作成したTableViewに遷移します。

IMG_0390

この時、TableViewには何もしていないのに「Title」と書かれたボタンが表示されています。これをbackBarButtonItemと呼びます。

ボタンのTitleとは「RootViewControllerのNavigation ItemのTitle」ですので、必要に応じて変えてください。

 

今回の記事は以上です。

ぜひ参考にしてみてください。

 

他のUIパーツも使いたい場合は、XcodeでUISearchBarを追加する方法も合わせてご覧ください。

[お知らせ]TechAcademyでは初心者でも8週間でオリジナルアプリが作れるiPhoneアプリ開発オンラインブートキャンプを開催しています。