JavaScriptでfor文のカウンタを2ずつ増やす方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaScriptでfor文のカウンタを2ずつ増やす方法について解説しています。for文による繰り返しの書き方から、基本1ずつ加算される繰り返し処理の際のカウンタを2ずつ加算する場合の書き方を覚えていきましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

JavaScriptでfor文のカウンタを2ずつ増やす方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

 

そもそもJavaScriptについてよく分からないという方は、JavaScriptとは何なのかについて解説した記事を読むとさらに理解が深まるでしょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプJavaScript/jQuery講座の内容をもとにしています。

 

田島悠介

今回は、JavaScriptに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

for文のカウンタを2ずつ増やす方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

目次

 

for文の基本的な使い方

for文は繰り返しを行うために用いるものです。

また、繰り返しの回数には「カウンタ」を用いて、定められた条件式を満たすまで繰り返しの処理を実行できます。

カウンタ用途の変数、条件式も定義してからカウンタを繰上げます。

なお、「カウンタ」を使用しなければ、for文の論理が成立しないわけではありません。

矛盾により、半永続的な繰り返しの処理に陥ると処理回数の上限回数にて処理の停止、あるいは「メモリリーク」などの不具合が発生します。

for文を使用する場合は、文法の違反や論理の矛盾には細心の注意を払ってから記述しましょう。

 

for文の基礎文法

下記のように記述します。

for (カウンタ用の変数の初期値; 繰返しの条件式; カウンタ用の繰上げの式) {
  繰返しの処理内容。
}
繰返しの処理後の続き。

 

[PR] JavaScript・jQueryで挫折しない学習方法を動画で公開中

for文のカウンタを2ずつ増やす方法

通常は、1ずつ加算されていくことが一般的な処理になるものの、式を用いて2ずつ加算することも可能です。

 

実際に書いてみよう

1ずつ(通常どおり)としてカウンタを加算する式

for (var i = 0; i < 10; ++i) {
  document.write(i);  // console.log(i);と同様
}

 

「++i」は、「i = i + 1」と同じです。

略記法にて、処理速度が異なります。

 

実行結果

See the Pen
2020-05-19-sample14
by YOHEI INAI (@yohei_inai)
on CodePen.

 

2ずつ(偶数)として加算する式

for (var i = 0; i < 10; i = i + 2) {
  document.write(i); // console.log(i);と同様
}

 

実行結果

See the Pen
2020-05-19-sample15
by YOHEI INAI (@yohei_inai)
on CodePen.

 

まとめ

for文は、法則性のある繰上げ方を式として定義される場合には、再利用性もあるコードです。

偶数や奇数による加算や総和であっても、反対に偶数や奇数による減算などでも容易にできます。

しかし、式の表現方法は無数にあり、処理が中断になってしまう危うさや混乱をまねく複雑さがともないます。

また、途中からの修正などによって、論理の欠如や破綻に繋がると他の処理にも悪影響を及ぼすため、システムの全体的な負荷も考慮しなければなりません。

 

執筆してくれたメンター

井内洋平

TechAcademyの現役メンター。

元Web Developerで、趣味は貯金、節税対策、投資信託、株式投資、FXなど多岐にわたる。

 

大石ゆかり

JavaScriptでfor文のカウンタを2ずつ増やす方法がよく分かったので良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃん、これからも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間でJavaScript・jQueryを使ったWebサービス公開を習得できるオンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。