Ruby開発に役立つAtomのパッケージについて現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにRuby開発に役立つAtomのパッケージについて現役エンジニアが解説しています。AtomとはGitHub社で開発されたテキストエディタのことです。Atomのインストール方法からRuby開発のためにインストールしておきたいパッケージやgithubリポジトリとの連帯について解説します。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

Ruby開発に役立つAtomのパッケージについて、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

Rubyについてそもそもよく分からないという方は、Rubyとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Ruby講座の内容をもとに紹介しています。

田島悠介

今回は、Rubyに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Ruby開発に役立つAtomのパッケージについて詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

目次

 

Ruby開発とAtom

AyomはGitHub社で開発されたテキストエディタです。

プログラミングをする場合には、gitとgithubを使うことでコードを過去に戻すことや意図したバージョンからやり直しができたり、複数人での開発もしやすくなります。

このgithubuとテキストエディタのAtomの連携がしやすく、テキストエディタ内にGitHubの領域も表示がされるようになります。

ローカルリポジトリ環境にあるコードをリモートリポジトリであるGitHubにはプッシュをする場合には、ターミナルで処理を記述する必要があります。

git push orgin master

などを打ち込む必要がありますが、エディタをAtomを使用している場合にはボタンが表示され、簡単にプッシュやプルリクエストなどを行うことが出来ます。

また、パッケージと呼ばれるファイルをダウンロードすることで様々な拡張が出来るため、それぞれのユーザー好みのエディタを構築することが出来ます。

[PR] Rubyのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

開発環境を設定する手順

まずはATOMをローカル環境にインストールします。

atom公式サイト

Atomは公式ホームページから「ダウンロード」ボタンを押すことで簡単にパソコン環境に落とすことが出来ます。

Atomのメニュー画面から「Preferences」を選択、次に「+install」を選択することでパッケージを選択することが出来るようになります。

最初に日本語化パッケージを入れておくと英語が苦手な人でも使い勝手がよくなります。

「+install」を選択した後の検索窓に「japanese-menu」と入れると一番最初にjapanese-menuのパッケージが表示されます。

installボタンを押してインストールをします。

一度Atomを終了し、再度開くことでメニューが日本語化されています。

Ruby開発に役立つAtomのパッケージ

tag HTMLの閉じタグ忘れを自動的に補完してくれるパッケージ
git-plus Atomエディタから直接git操作が出来るようになります。githubと連携する場合には必要なパッケージ
atom-beautify プログラミングコードが見やすくなるようにタグの位置を揃えてくれるパッケージ
linter-rubocop 文法が間違えている場合にエラーチェックをしてくれるパッケージ
emmet  HTMLを記述する楽にしてくれるパッケージ。多くの記述を短縮出来るため、書き方になれると記述スピードが大幅に早くなります

 

筆者プロフィール

木村勇土

TechAcademyの現役メンター。

現在は行政書士事務所を運営しており、お客様にはプログラマーやフリーランサーも多い。
WordPressを中心とした自社のWebサイトの修正などを行なっている。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、Ruby on Railsを使ったプログラミングを習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。