Ruby on Railsでグローバル変数を使う方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにRuby on Railsでグローバル変数を使う方法について現役エンジニアが解説しています。グローバル変数とはどこからでも使える変数になります。限られた範囲の場合はローカル変数と呼ばれます。Ruby on Railsでのグローバル変数の書き方や使い方について解説します。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

Ruby on Railsでグローバル変数を使う方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

 

Rubyについてそもそもよく分からないという方は、Rubyとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Ruby講座の内容をもとに紹介しています。
 

田島悠介

今回は、Rubyに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Ruby on Railsでグローバル変数を使う方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

目次

 

グローバル変数とは

プログラミングしていると、1つのデータを色々なコードで共有して使いたい時があります。そのデータを変数に格納し、どんなところからも使いたい時に利用する変数のことを、グローバル変数といいます。

逆に、限られた箇所でしか使えない変数のことを、ローカル変数といいます。

変数が使える範囲のことを「スコープ」といいますが、グローバル変数のスコープは、Railsのプロジェクト全体です。

変数のスコープについては、変数の種類を知っておこう!Rubyで変数のスコープを使う方法【初心者向け】を参照してください。
 

[PR] Rubyのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

グローバル変数を使うメリット

グローバル変数を使う1番のメリットは、簡単に使えるところです。グローバル変数を参照するだけで使えます。

もしグローバル変数がなかったら、メソッドの引数にして引き回したりするか、データベースを読み書きするかしないと、欲しいデータにアクセスすることはできません。
 

グローバル変数を使う方法

Railsでは、グローバル変数は

$var

と書きます。$で始まる変数はグローバル変数です。$の後の変数名は、普通の変数名と同じルールです。
 

実際に書いてみよう

def foo()
  puts $str
end

$str = "hogehoge"

puts $str
foo()

この例では、グローバル変数$strをメソッド外とメソッド内で参照しています。実行すると、

hogehoge
hogehoge

と表示されます。

もしグローバル変数ではない変数で定義したらどうなるでしょうか。

def foo()
  puts str
end

str = "hogehoge"

puts str
foo()

と書いて実行すると、

undefined local variable or method `str' for main:Object (NameError)

 

というエラーが発生します。
 

グローバル変数を使う際の注意点

グローバル変数は、どこからでもアクセスできる反面、どこからでも変更できてしまいます。気をつけてコードを書かないと、知らぬ間に別のデータになってしまい、期待していない結果になる可能性があります。

def foo()
  puts str
  $str = "hogehoge2"
end

$str = "hogehoge"

puts $str
foo()
puts $str

実行すると、

hogehoge
hogehoge2

と表示されます。グローバル変数の中身が”hogehoge”のはずだと思っていたら、”hogehoge2″になっています。

また、グローバル変数を多用すると、管理が難しくなる可能性があります。データがどこに定義されているのか、どこで読み書きされているのか把握できなくなることがあります。

一般的には、限られたデータだけに使ったり、変更頻度が少ないデータに使ったりすることが多いです。
 

まとめ

グローバル変数は、どこでも使えて便利ですが、少し気をつけて使う必要があります。使えそうなケースがあったら使ってみてください。
 

筆者プロフィール

伊藤広明(いとうひろあき)

1990年代からソフトウェア開発を仕事としてはじめ、2000年ごろからWEBエンジニアの仕事にも従事。
世の中で末長く使ってもらえるシステム開発が信条。後進の育成にも力を入れている。

作れるもの:Webシステム、スマホアプリ
書ける言語: Ruby・PHP・Python・Java・Swift・C#・C/C++・JavaScriptなど
経験があるフレームワーク: Laravel・Ruby on Rails・Apache Strutsなど

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、Ruby on Railsを使ったプログラミングを習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。