CSSレイアウト術!横並びになった画像をレスポンシブ対応する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにCSSで横並びになった画像をレスポンシブ対応する方法について解説しています。ここではフレックスボックスレイアウトを使って自動調整込みの横並びを実装する方法を紹介します。画面の大きさと表示の変化を比較してみましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

CSSで横並びになった画像をレスポンシブ対応する方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

CSSについてそもそもよく分からないという方は、CSSの書き方について解説した記事をまずご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Webデザイン講座のCSSカリキュラムをもとに執筆しています。

 

田島悠介

今回は、CSSに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

横並びになった画像をレスポンシブ対応する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

目次

 

横幅のブレークポイントを決めて横に並べるカラム数を決めよう

画面サイズや印刷時にCSSの適用を制御する方法をメディアクエリと呼びます。例えば画面幅が最大400pxの場合にCSSを適用するには以下のように記述します。

@media screen and (max-width: 400px) {
  /* cssを記述 */
}

この際の400pxといった指定をブレークポイントと呼びます。ブレークポイントは概ね以下を基準とします。

  • スマートフォン(縦表示)。例:320px、400px
  • スマートフォン(横表示)。例:560px、640px
  • タブレット(横表示)。例:960px
  • パソコン(横表示)。CSSの既定値とする

メディアクエリについて、詳しくは以下の記事も参考にしてください

MDN – メディアクエリの使用

 

[PR] HTML/CSSで挫折しない学習方法を動画で公開中

画像の横並びを縦に表示する方法

現在主流のフレックスボックスレイアウトを使用すると、幅を自動調整しながら横並びに表示することができます。フレックスボックスレイアウトを使用するには親要素に「display:flex」属を指定します。

.parent {
  display: flex;
}

フレックスボックスレイアウトを解除するには、メディアクエリで指定するCSSで「display:block」を指定します。例えば以下は、画面幅が最大400pxの場合に「display:block」を指定する例です。

@media screen and (max-width: 400px) {
  .parent {
    display: block;
  }
}

フレックスボックスレイアウトについて、詳しくは以下の記事も参考にしてください。

MDN – フレックスボックスの基本概念

 

よくある注意点

メディアクエリで指定するブレークポイントは常に一定とは限りません。年々スマートフォンの画素数は向上しているため、現在の状況に合わせながら最適値(最大公約数的な値)を設定するようにしましょう。

ブラウザChromeのデベロッパーツールを使うと、スマートフォン表示を確認できるため、参考にすると良いでしょう。

 

画像を横に並べてパソコンとスマホでカラム数を変えてみよう

今回のサンプルプログラムではメディアクエリを使用してレイアウトを変える方法を確認します。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
  <head>
    <meta charset="UTF-8" />
    <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0" />
    <title>Sample</title>
    <style>
      div {
        font-size: 2rem;
        text-align: center;
        margin: 10px;
        padding: 10px;
      }

      .parent {
        background: lightblue;
        display: flex;
      }

      .child {
        background: lightgreen;
        width: 150px;
      }

      @media screen and (max-width: 800px) {
        .parent {
          flex-wrap: wrap;
        }
      }

      @media screen and (max-width: 400px) {
        .parent {
          display: block;
        }
      }
    </style>
  </head>
  <body>
    <div class="parent">
      <div class="child">あ</div>
      <div class="child">い</div>
      <div class="child">う</div>
      <div class="child">え</div>
      <div class="child">お</div>
    </div>
  </body>
</html>

実行結果は以下のとおりです。パソコンで表示した場合には要素が横並びになります。

タブレット(画面幅が800px以下)で表示した場合には、折返し表示になります。

スマートフォン(画面幅が400px以下)で表示した場合には、縦並びで表示されます。

 

まとめ

今回の記事では横並びになった画像をレスポンシブ対応する方法を学習しました。

 

監修してくれたメンター

太田和樹(おおたかずき)

ITベンチャー企業のPM兼エンジニア

普段は主に、Web系アプリケーション開発のプロジェクトマネージャーとプログラミング講師を行っている。守備範囲はフロントエンド、モバイル、サーバサイド、データサイエンティストと幅広い。その幅広い知見を生かして、複数の領域を組み合わせた新しい提案をするのが得意。

開発実績:画像認識技術を活用した駐車場混雑状況把握、音声認識を活用したヘルプデスク支援システム、ロボットアプリの開発、大規模基幹系システムの開発・導入マネジメント。著書「知識ゼロからの機械学習入門(技術評論社)」。

地方在住。仕事のほとんどをリモートオフィスで行う。通勤で消耗する代わりに趣味のDIYや家庭菜園、家族との時間を楽しんでいる。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは初心者でも、最短4週間でオリジナルWebサイトを公開できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。