JavaScriptでFile APIを利用する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaScriptでFile APIを利用する方法について現役エンジニアが解説しています。File APIとは、JavaScriptでファイルを操作するための機能のことです。FileReader(読み込み)やFileWriter(書き込み)があります。File APIでファイルを読み込んでみます。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

JavaScriptでFile APIを利用する方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使って初心者向けに解説します。

 

JavaScriptについてそもそもよく分からないという方は、JavaScriptとは何なのか解説した記事をまずご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、JavaScript/jQuery講座の内容をもとにしています。

 

田島悠介

今回は、JavaScriptに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

JavaScriptでFile APIを利用する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

目次

 

File APIとは

APIは「Application Programming Interface」の略です。
File APIとは、平たく言うとファイルを操作する機能の集まりです。

ファイルを操作する機能には、ファイルのサイズやタイプ(テキストや画像など)を取得したり、ファイルの中身を表示したりするものなどが用意されています。
 

[PR] JavaScript・jQueryで挫折しない学習方法を動画で公開中

File APIの使い方

HTMLのinputタグのtypeをfileにすることで下記のようなファイルを選択する部品を表示できます。

この部品で選択したファイルをJavaScriptで扱えます。

ファイルを扱う処理の流れは下記のようになります。

  1. HTMLのinputタグをJavaScriptで取得する
  2. ファイルが選択されたことを検知する
  3. 選択されたファイルを操作する

選択したファイルは、最初にJavaScriptで取得したinputタグにFileListというFileオブジェクトの配列として格納されています。

FileListはfilesという名前になっているので、file[0]のように記述することでファイルを操作します。また、複数のファイルを選択できるようにするにはHTMLのinputタグにmultiple属性をつける必要があります。
 

実際に使ってみよう

まずはHTMLでinputタグを用意しファイルを選択できるようにします。

JavaScriptでの操作ようにidにfileという名前をつけています。

  <input type="file" id="file">

続いてJavaScriptです。
選択したファイルの名前、サイズ、タイプとファイルの中身をコンソールに表示しています。

let fileInput = document.getElementById('file');
let fileReader = new FileReader();
fileInput.onchange = () => {
  let file = fileInput.files[0];
  console.log(file.name);
  console.log(file.size);
  console.log(file.type);
  fileReader.readAsText(file);
};

fileReader.onload = () => console.log(fileReader.result);

 

解説

ファイルの読み込みをする場合は、FileReaderを生成(new)する必要がありますので、fileReaderという変数に生成したFileReaderを格納しています。

最初にdocument.getElementByIdで取得したHTMLのinputタグに、onchangeでファイルが選択された際の処理を指定しています。

これによりファイルが選択されるたびに、この中の処理が実行されます。

FileListの1つ目に選択したファイルが格納されているので、files[0]としてファイルを取得しています。
file.nameと記述すると、ファイルの名前が取得できます。
file.sizeと記述すると、ファイルのサイズが取得できます。
file.typeと記述すると、ファイルのタイプが取得できます。

FileReaderのreadAsTextメソッドにファイルを渡すことで、ファイルをテキストとして読み込みます。必要に応じてファイルのタイプがテキストであることを確認してください。

ファイルの読み込みが終わると、FileReaderのonloadが呼ばれ、resultプロパティの中にファイルの内容が入っています。
 

まとめ

ファイルの操作はファイルのAPIによって提供されています。使い方も数行の記述ですみますので試してみてください。
 

筆者プロフィール

横山茂雄(よこやましげお)

フリーエンジニアとして活動中。サーバーサイドからフロントまで時代の波に合わせてスキルを変化させてきました。

言語、フレームワーク、DB、現場、いずれも転々としながら、筋トレも欠かさない体育会系エンジニアです。TechAcademyジュニアのゲームアプリコースを担当しています。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、JavaScript・jQueryを使ったWebサービス公開を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。