JavaのRandomクラスのnextDoubleメソッドについて現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaのRandomクラスのnextDoubleメソッドについて解説しています。nextDoubleメソッドを使うと、0.0から1.0の範囲内のdouble型の乱数を取得でき、基本の書き方と処理の流れをみていきましょう。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

JavaのRandomクラスのnextDoubleメソッドについて、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

 

Javaについてそもそもよく分からないという方は、Javaとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まるでしょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプJava講座の内容をもとに作成しています。

 

田島悠介

今回は、Javaに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

RandomクラスのnextDoubleメソッドについて詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

目次

 

Randomクラスとは

Randomクラスとは、java.utilパッケージに存在するクラスであり、Randomクラスは擬似乱数を生成するために使用します。

擬似乱数とは一見乱数のように見える値ですが実際には一定に規則によって生成された値のことです。

科学の計算やゲームのプログラムなど様々な場面で用いられています。

 

[PR] Javaプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

nextDoubleメソッドとは

nextDoubleメソッドは0.0から1.0の浮動小数の値を取得するためのメソッドです。

取得できる浮動小数の値は擬似乱数で生成された値となります。

 

nextDoubleメソッドの使い方

nextDoubleは以下のように記述しましょう。

import jaba.util.Random;

Random 変数 = new Random();
double 浮動小数 = 変数.nextDouble()

Randomクラスのオブジェクトを作成後、作成したオブジェクトからnextDoubleメソッドを呼び出すことで擬似乱数の浮動小数を得ることが可能です。

 

実際に書いてみよう

実際にRandomクラスのnextDoubleメソッドを使ってプログラムを作成してみましょう。

プログラムソースコード

import java.util.Random;
public class SampleClass {
  public static void main(String[] args) {
    Random random = new Random();
    for (int i = 0; i < 5; i++) {
      double d = random.nextDouble();
      System.out.println((i + 1) + "回目に生成された値は" + d + "です");
    }
  }
}

実行結果

1回目に生成された値は0.5458637415980464です
2回目に生成された値は0.5591309777024946です
3回目に生成された値は0.5052068507565161です
4回目に生成された値は0.25544370612179434です
5回目に生成された値は0.6194019574447911です

 

まとめ

この記事では、JavaのRandomクラスの中にあるnextDoubleメソッドの使い方について解説しました。

RandomクラスやnextDoubleクラスは、非常にいろいろな場面で使われるため使用方法を覚えておきましょう。

 

執筆してくれたメンター

メンターSさん

システムエンジニアとしてこれまで行政システムや医療用システムの保守、開発に携わりました。

JavaやPython、PHP、Kotlinなど様々な言語での開発経験があります。

TechAcademyではJavaコース、Pythonコース、AIコースなど7コースを担当しています。

 

大石ゆかり

JavaのRandomクラスのnextDoubleメソッドによく分かったので良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃん、これからも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも、JavaやServletの技術を使ってWebアプリケーション開発を習得できるオンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。