Photoshopで画像のノイズを除去する方法【初心者向け】

Photoshopで画像の【ノイズを除去する】方法を初心者向けに解説した記事です。Photoshopでは、プレビューを見ながら調整しつつノイズを軽減することができます。この記事を参考に、デジカメなどの写真を補正してみましょう。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

デジカメなどで写真を撮影した際、ノイズと呼ばれる小さな粒が画像に生じることがあります。

Photoshopでは、このノイズをプレビューを見ながら調整しつつ軽減することが可能です。

今回は、フィルター機能を使うやり方と、Camera Rawというプラグインを使用するものをそれぞれ紹介します。

 

目次

 

※今回の作業はすべてAdobe Photoshop CCのバージョンでおこなっています。

 

大石ゆかり

田島メンター!!今写真を編集しているんですが、よく見たら小さなツブツブのようなものがあって・・・これを目立たなくさせる方法ってありますか~?

田島悠介

JPEGなどの画像は、画質の原因で画面の中にノイズが発生してしまう場合があるね。Photoshopではそれらのノイズを軽減して、自然に補正することができるよ。

大石ゆかり

こんな状態からでも、ほんとにきれいになるんでしょうか?

田島悠介

意外と手軽な方法でできるんだよ。2つの方法を試してみよう。

 

サンプル画像

今回はこちらの画像を使用します。

サンプル画像

 

ノイズの除去をするときは、このように画像をできるだけ拡大しておくと変化がわかりやすくなります。

ps_noi_2

 

[PR] Webデザインで挫折しない学習方法を動画で公開中

フィルターメニュー内の「ノイズを軽減」を使用する方法

さっそく1つ目の方法を紹介します。

1. メニューの「フィルター」から「ノイズ」→「ノイズを軽減」を選択します。

ノイズを軽減

 

2. 「ノイズを軽減」の設定画面が開きます。

設定画面には、以下の調整項目があり、各項目を調整することによって画像のノイズを軽減できます。

また、調整項目を変更すると設定画面内のプレビューにすぐ反映されるので、プレビューを見ながら調整していくことができます。

 

3. それでは、調整項目を見ていきましょう。

  • 強さ:軽減するノイズの量を調整します。この数値が大きいほどノイズが軽減されます。
  • ディテールを保持:髪の毛や質感など画像の細かな部分を保持する量を調整します。この数値が大きいほど質感は保持されますが、ノイズは多くなります。
  • カラーノイズを軽減:画像に表示されたカラーノイズ(赤や黄などの色のピクセル)を軽減する量を調整します。この数値が大きいほどカラーノイズは軽減されますが、同時に画像の鮮やかさが失われます。
  • ディテールをシャープに:画像の輪郭を強調する量を調整します。この数値が大きいほど輪郭は強調されますが、ノイズは多くなります。
  • JPEG の斑点を削除:JPEG の画質が低い場合に生じる斑点やハロー効果を削除します。

ノイズを軽減ウィンドウ

 

ここでは、以下のように調整項目を設定します。

  • 強さ:「10」に設定し、ノイズの軽減がはっきり反映されるようにします。
  • ディテールを保持:「0」に設定し、ノイズを目立たなくします。
  • カラーノイズを軽減:カラーノイズが多いので、「71」にしノイズを軽減します。
  • ディテールをシャープに:「19」に設定し、「ディテールを保持」設定の影響で、曖昧になった画像の境界を少し強調します。

 

4. 調整が終わったら「OK」を押して完成です。

ps_noi_5

 

左が調整前の画像、右が調整後の画像です。

ps_noi_6

ノイズが少なくなったのがわかりますね。

 

田島悠介

両方の画像を比べてみてどうかな?

大石ゆかり

右の画像では、左にあった細かい点のようなものが目立たなくなっていますね。ただ、全体的に少しぼやけた印象になったような・・・

田島悠介

そういうときは「ディテールをシャープに」の値を上げてみよう。全体のバランスを見ながらいろいろ試してみるといいよ。

 

Camera Rawを使用する方法

Camera Raw機能を使用すると、画像をカンバス上に表示する前にノイズを軽減することができます。

1. 「開く」ボタンををクリックし、ダイアログボックスを開きます。

ファイルを開く

 

2. ダイアログボックスで、サンプル画像(ps_noi_1.jpg)を選択し、形式を「Camera Raw」に変更し「Open」をクリックします。

 

3. Camera Rawの調整画面が開きます。

 

4. ノイズの軽減は、調整画面の「ディテール」の中で設定します。

先に説明した「ノイズを軽減」と同じような設定にしてみます。

  • シャープ:「19」に設定します。
  • 半径:シャープの影響を受ける輪郭周辺の幅は影響があまりでないよう「0.5」に設定します。
  • ノイズの軽減:「50」に設定します。この値を大きくするとノイズが軽減されます。
  • ノイズの軽減[ディテール]:「50」に設定します。この値を大きくすると「ノイズの軽減」により、質感を失った画像に新たな質感を持たせます。
  • カラーノイズ:「71」に設定します。

 

5. 調整が終わったら、画面下の「開く」をクリックし、画像をカンバス上に表示します。

「Camera Raw」は、「ノイズを軽減」より詳細な設定ができるため、より細かな調整をすることができます。

 

また、調整した画像は、「詳細な画像設定」→「画像を保存」からファイル形式を指定し、保存することもできます。

 

今回の記事は以上です。

 

田島悠介

ノイズの軽減を行うときは、特に気になる部分をできるだけ拡大して行うとやりやすいと思うよ。

大石ゆかり

どちらの方法でも、設定する項目が多くて難しいですね・・・

田島悠介

それだけ細かい調整ができるということでもあるね。写真によってもそれぞれの値はもちろん変わるので、プレビューを活用していろいろ補正してみよう。

大石ゆかり

頑張って練習してみます。ありがとうございました!

 

Photoshopをさらに使いこなしたい場合は、Photoshopで360度パノラマ写真を作成する方法も合わせてご覧ください。

執筆してくれたメンター

メンターOM

Webデザインの勉強のためロサンゼルスに留学。
その後、現地のWeb制作会社に就職し、Webデザイナーとしてのキャリアをスタート。

現在もロサンゼルスで働く傍ら、フリーランスのWebデザイナーとして、アメリカだけでなく日本からのWeb制作も請け負う。
また、画像のリタッチが得意なので、しばしばリタッチの依頼も請け負う。

[お知らせ]テックアカデミーでは初心者でも1週間でフォトレタッチをマスターできるオンラインPhotoshop講座を開催しています。現役デザイナーに毎日チャットで質問することができます。