CSSでiframeタグの高さを自動調整する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにCSSでiframeタグの高さを自動調整する方法について解説しています。iframeタグはページ内に他のWebページを埋め込む際に使用されます。cssによる高さの自動調整方法を覚えましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

CSSでiframeタグの高さを自動調整する方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

CSSについてそもそもよく分からないという方は、CSSの書き方について解説した記事をまずご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Webデザイン講座のCSSカリキュラムをもとに執筆しています。

 

田島悠介

今回は、CSSに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

iframeタグの高さを自動調整する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

目次

 

iframeとは

iframeとはWebページの中に別のWebページを埋め込む要素です。

<iframe src="sub.html" width="100px" height="100px"></iframe>

srcで埋め込むページのアドレスを、widthで幅、heightで高さを指定します。その他のオプションなど、詳しくは以下の記事も参考にしてください

MDN – <iframe>:インラインフレーム要素

 

[PR] HTML/CSSで挫折しない学習方法を動画で公開中

iframeをCSSで調整するには

iframeで枠線を指定するframeborder、スクロールバーの表示有無を制御するscrollingは非推奨の属性になっています。枠線を制御するにはcssのborderプロパティを使用しましょう。以下は枠線を表示しない場合の例です。

iframe {
  border: none;
}

 

iframeの高さを自動調整する方法

iframe内のウィンドウはcontentWindowプロパティで取得できます。contentWindowからdocument.body.scrollHeightプロパティを取得することで、iframe内のドキュメントの高さを取得することができます。それをiframeの高さに指定することで、iframeの高さを自動調整することができます。試してみましょう。

index.html

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
  <meta charset="UTF-8" />
  <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0" />
  <title>Sample</title>
  <style>
    #sub {
      border: none;
    }
  </style>
</head>
<body>
  <iframe id="sub" src="sub.html" onload="func1()"></iframe>
  <script>
    const sub = document.getElementById("sub");

    function func1() {
      sub.style.width = sub.contentWindow.document.body.scrollWidth + "px";
      sub.style.height = sub.contentWindow.document.body.scrollHeight + "px";
    }
  </script>
</body>
</html>

sub.html

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
  <meta charset="UTF-8" />
  <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0" />
  <title>Sub画面</title>
  <style>
    body {
      margin: 0px;
    }
    div {
      width: 400px;
      height: 400px;
      border: solid 2px black;
      background-color: lightblue;
    }
  </style>
</head>
<body>
  <div>iframe内のページです</div>
</body>
</html>

実行結果は以下のとおりです。

ただしこの方法は、iframeで読み込むWebページが同じドメイン(サーバー)である場合に限ります。別のドメインのWebページの場合、クロスドメインと呼ばれるセキュリティ上の制限によりiframe内のWebページに外部からアクセスすることが出来ないため、エラーとなります。

 

まとめ

今回の記事ではCSSでiframeタグの高さを自動調整する方法について学習しました。

 

監修してくれたメンター

太田和樹(おおたかずき)

ITベンチャー企業のPM兼エンジニア

普段は主に、Web系アプリケーション開発のプロジェクトマネージャーとプログラミング講師を行っている。守備範囲はフロントエンド、モバイル、サーバサイド、データサイエンティストと幅広い。その幅広い知見を生かして、複数の領域を組み合わせた新しい提案をするのが得意。

開発実績:画像認識技術を活用した駐車場混雑状況把握、音声認識を活用したヘルプデスク支援システム、ロボットアプリの開発、大規模基幹系システムの開発・導入マネジメント。著書「知識ゼロからの機械学習入門(技術評論社)」。

地方在住。仕事のほとんどをリモートオフィスで行う。通勤で消耗する代わりに趣味のDIYや家庭菜園、家族との時間を楽しんでいる。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは初心者でも、最短4週間でオリジナルWebサイトを公開できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。