Pythonのアットマーク演算子の使い方を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPythonのアットマーク演算子の使い方について現役エンジニアが解説しています。アットマーク演算子とは@(アットマーク)がついた演算子で、デコレーターを表します。既存の関数などを機能を追加したり編集することができます。デコレーターの書き方や使い方について解説します。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

Pythonのアットマーク演算子の使い方について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して、初心者向けに解説します。

 

Pythonについてそもそもよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Python講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Pythonのアットマーク演算子の使い方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

目次

 

アットマーク演算子とは

先頭に「@」がついてる記述を見かけることがあると思います。これはデコレータと呼ばれます。

デコレータは、既存の編集できない関数等に使用するのが一般的です。そのような関数を編集する事無く、機能を追加したりするのが主な機能となります。

ライブラリ内の関数の機能を変更したいときなどに役立ちます。また、自身でクラスメソッドやスタティックメソッドを定義する際には@classmethodや@staticmethodと記述するのがPythonでは一般的となっています。
 

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

アットマーク演算子の使い方

デコレータは以下の様に記述します。

@デコレータ名

    def デコレートされる関数名:

    ・・・

デコレータはwrapperの様に使用すると考えられます。
 

実際に書いてみよう

# デコレータ
def bird(func):
 def wrap(*args, **kwargs):
 rslt = func(*args, **kwargs)
 rslt = '[' + rslt + ']'
 return rslt

return wrap

# デコレートされる関数

@bird
def get_message():
 return 'i am here.'

$ python   mydeco.py
i am here

 

まとめ

使う場所は局所的かもしれませんが、知ってて損は無い機能だと思います。

既存の編集不可能な関数やクラスに機能を追加して上書きする機能とざっくり覚えておきましょう。
 

監修してくれたメンター

坂下雄一(さかしたゆういち)

フリーランスのエンジニア、飲食業経営。
エンジニア経歴:EDAの自動化環境、テスト環境構築。組み込みマイコンプログラミング(車載、インフラ系):医療用DB、登録自動化、患者管理システム等。

飲食店経営:ラオスはルアンパバーン、フィリピンのセブで寿司屋、ラーメン屋を経営。
現在バンコク在住。コワーキングスペースのハシゴが職場環境。ムエタイとタイ語とゴルフを絶賛習得中。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも、Pythonを使った人工知能(AI)や機械学習の基礎を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。