Pythonで現在の時間を表示する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPythonで現在の時間を表示する方法について現役エンジニアが解説しています。現在の時間を表示するには、timeモジュールを使ってUNIX時間(エポック秒)を取得する方法と、datetimeモジュールを使ってUTC(協定世界時)を表示する方法があります

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

Pythonで現在の時間を表示する方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して、初心者向けに解説します。

 

Pythonについてそもそもよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Python講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Pythonで現在の時間を表示する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 
この記事では、Pythonにおいて現在時刻を表示する2通りの方法について解説します。
 

目次

 

timeモジュールによる現在の時間の表示方法

timeモジュールを使った場合は、「UNIX時間」(「エポック秒」とも言います)での現在時刻を表示できます。

「UNIX時間」もしくは「エポック秒」というのは 1970年1月1日0時0分0秒から経過した現在時刻のことです。

timeモジュールで現在時刻を取得するには、time関数を使って、

time.time()

とすれば取得することができます。

この関数で時刻を取得した場合は、浮動小数点型であるfloat型の秒数が取得できます。

また、秒数ではなくわかりやすい表示を得たい場合は、次に紹介するdatetimeモジュールを使うか、datetimeモジュールのfromtimestampメソッドを使って、

datetime.datetime.fromtimestamp(time関数で取得した値)

とすれば良いでしょう。
 

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

datetimeモジュールによる現在の時間の表示方法

次に、datetimeモジュールを使った場合の現在時刻の表示方法について解説します。

datetimeモジュールを使った場合は、timeモジュールの場合とは異なり、現在時刻を年月日時秒で取得できます。

datetimeモジュールにおける現在時刻を取得するための関数はnow関数です。

datetime.datetime.now()

を実行すると、現在時刻の「datetimeオブジェクト」が返されます。

「datetimeオブジェクト」というのは時間を取り扱うためのデータ型で、datetimeモジュールにはこのデータ型を処理するためのメソッドが用意されています。必要に応じて調べてみると良いでしょう。

また、now関数の引数として、どこの国、地域の時間を取得するのかを指定する、「タイムゾーン」を指定することもできます。

例えば、

datetime.now(datetime.timezone.utc)

とした場合は、UTC(協定世界時)というタイムゾーンにおける時刻を取得できます。
 

実際に使ってみよう

それでは、timeモジュールのtime関数とdatetimeモジュールのnow関数を使ってみることで、それぞれのモジュールにおける現在時刻の取得方法について確認してみましょう。

//timeモジュール、datetimeモジュールをインポート
>>> import time
>>> import datetime

//timeモジュールのtime関数で現在時刻のUNIX時間を取得
>>> time1 = time.time()
>>> print(time1)
出力: 1591089503.7313898

//datetimeモジュールのnow関数で現在時刻のdatetimeオブジェクトを取得
>>> time2 = datetime.datetime.now()
>>> print(time2)
出力: 2020-06-02 18:18:47.429201

//timeモジュールで取得した時間をdatetime型に変換
>>> time3 = datetime.datetime.fromtimestamp(time1)
>>> print(time3)
出力: 2020-06-02 18:18:23.731390

このようにして現在時刻を表示できれば、それぞれのモジュールでの現在時刻の取得方法が確認できると思います。
 

まとめ

この記事では、Pythonにおいて、現在時刻を取得する2通りの方法を解説しました。

時刻についての処理は開発において必要になるときがあるのでぜひ覚えておくと良いでしょう。
 

監修してくれたメンター

小倉翔悟(おぐらしょうご)

AIプログラミングを使って開発を行う大学3年生。

プログラミング歴は約3年でPythonは割と得意。好きな物理理論は一般相対性理論で動物も好き。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、Pythonを使った人工知能(AI)や機械学習の基礎を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。