JavaScriptのMathオブジェクトのsumメソッドについて現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaScriptのMathオブジェクトのsumメソッドについて現役エンジニアが解説しています。Mathオブジェクトとは数学や計算式に関するメソッドが格納されているオブジェクトです。sumは合計値を求める処理を行うメソッドですが、無いので関数を作成する方法を解説します。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

JavaScriptのMathオブジェクトのsumメソッドについて、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使って初心者向けに解説します。

JavaScriptについてそもそもよく分からないという方は、JavaScriptとは何なのか解説した記事をまずご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、JavaScript/jQuery講座の内容をもとにしています。

 

田島悠介

今回は、JavaScriptに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

JavaScriptのMathオブジェクトのsumメソッドについて詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

目次

 

Mathオブジェクトとは

Mathオブジェクトは、計算式に用いるために数値を加工するためのメソッドが格納されています。また、このオブジェクトに備わっている計算式を値に適応してから算術に用いることができます。

なお、大文字から始まる名前ですが、厳密にはコンストラクタではありません。

[PR] フロントエンドで挫折しない学習方法を動画で公開中

sumメソッドの概要と使い方

合計値を求める基本の関数の名前として、「sum」と命名されています。Mathオブジェクトには、合計値を算出するためのsumメソッドが備わっていません。合計値を算出する基本の処理は以下になります。

JavaScript

var sum = function (a, b) {
 return a + b;
};

console.log(sum(1, 2));

 

実行結果

 

実際に書いてみよう

合計値を求める処理の手法として複数の実装方法がありますが、配列を使用してから、汎用的に合計値を求める基本の処理をサンプルコードとして提示します。

JavaScript

var sum = function (array) {
 var result = 0, index = 0;
 for (index in array) {
   result = result + array[index];
 }
 return result;
};

console.log(sum([2, 4, 6]));

 

実行結果

 

まとめ

Mathオブジェクトには、標準的にsumメソッドが備わっていないため、必要になった場合は、機能として追加しましょう。

なお、「sum」は予約語のキーワードではありませんが、標準化によって追加される可能性がありますので、プライベート関数の表現に留めておくことが望まれます。

JavaScript

Math._sum = function (array) {
 var result = 0, index = 0;
 for (index in array) {
  result = result + array[index];
 }
 return result;
};

console.log(Math._sum([2, 4, 6]));

 

実行結果

 

筆者プロフィール

井内洋平

TechAcademyの現役メンター。

元Web Developerで、趣味は貯金、節税対策、投資信託、株式投資、FXなど多岐にわたる。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも、JavaScript・jQueryを使ったWebサービス公開を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。