JavaScriptでフォトギャラリーを作成する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaScriptでフォトギャラリーを作成する方法について現役エンジニアが解説しています。フォトギャラリーとは写真が並んでいるページのことです。lightgallery.jsというライブラリを使ってフォトギャラリーを作成する方法を解説します。

テックアカデミーマガジンは受講者数No.1のプログラミングスクール「テックアカデミー」が運営。初心者向けにプロが解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

監修してくれたメンター

永井浩平

BtoBtoC事業を行っている会社で社内SEとして勤務。
バックエンド、フロント、クラウドなど幅広く業務を行う。
テックアカデミーでは、フロントエンドコース / Javaコースのメンター。

JavaScriptでフォトギャラリーを作成する方法について、テックアカデミーのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

目次

そもそもJavaScriptについてよく分からないという方は、JavaScriptとは何なのかについて解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

田島悠介

今回は、JavaScriptに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

JavaScriptでフォトギャラリーを作成する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

はじめに

今回はECサイトなどで、商品詳細の画像を切り替える方法を学びます。

ファッション通販サイトなどで、詳細画像が切り替わる構成のページを見たことがあるのではないでしょうか。

今回はフォトギャラリーと呼ばれる表示方法について説明しますので、ぜひ実装方法をマスターしましょう。

 

フォトギャラリーとは

フォトは写真、ギャラリーは画廊や美術品の展示場という意味です。

Webでのフォトギャラリーとは、平たく言うと画像が並んだページということです。

画像をただ並べるだけではなく、アニメーションを使って次々と画像を切り替えられるようにすることでより見やすくなります。

 

[PR] フロントエンドで挫折しない学習方法を動画で公開中

フォトギャラリーを作成する方法

CSSでレイアウトや背景色などの見栄えを整え、JavaScriptでスライドできるように実装する方法もありますが、1から開発するのは大変ですので、今回はすでにあるプラグイン(部品)を利用する方法を説明します。

今回はjQueryも必要なく、単体で動作できるlightgallery.jsを使って、フォトギャラリーを作成する方法を紹介します。

 

実際に作成してみよう

今回は画像を6枚使って、下記のようなフォトギャラリーを作ります。

クリックすると横に流れるように画像が切り替わっていることが確認できます。

 

作成の流れは、主に下記の4つです。

1、画像を用意する
2、lightgalleryのjsとcssを読み込む
3、HTMLに画像とリンクを記述する
4、JavaScriptでlightgalleryの処理を呼び出す

 

まずは画像を用意します。

今回は、商用利用もOKなLorem Picsumのサイトで画像を6つ用意しました。

この6枚でフォトギャラリーを作成します。

もちろん画像は好きなものを何枚でも設定できますので、自身で用意したものがある方はそれを使ってください。

Lorem Picsumはこちら

 

次に、lightgalleryのjsとcssの読み込みです。

lightgalleryのサイトでファイルをダウンロードして読み込みでも良いですが、今回はより楽に作るためにコンテンツ配布サイトを利用します。

コンテンツ配布サイトのcdn.jsdelivr.netからjsとcssを読み込みます。

HTMLのheadタグの中に、下記の2つを記述してください。

<link type="text/css" rel="stylesheet" href="https://cdn.jsdelivr.net/npm/lightgallery.js@1.4.0/src/css/lightgallery.css" /> 
<script src="https://cdn.jsdelivr.net/npm/lightgallery.js@1.4.0/dist/js/lightgallery.min.js"></script>

 

続いて、HTMLの記述です。

画像のタグすべてをdivタグで囲い、JavaScriptからのアクセス用にidをつけます。

divタグの中は、リンクのaタグの中に画像のimgタグを画像の数だけ入れます。

<div id="lightgallery">
  <a href="https://picsum.photos/id/237/200/300"><img src="https://picsum.photos/id/237/100/100" /></a>  
  <a href="https://picsum.photos/id/1018/200/300"><img src="https://picsum.photos/id/1018/100/100" /></a>
  <a href="https://picsum.photos/id/239/200/300"><img src="https://picsum.photos/id/239/100/100" /></a>
  <a href="https://picsum.photos/id/1001/200/300"><img src="https://picsum.photos/id/1001/100/100"></a>
  <a href="https://picsum.photos/id/1002/200/300"><img src="https://picsum.photos/id/1002/100/100"></a>
  <a href="https://picsum.photos/id/1003/200/300"><img src="https://picsum.photos/id/1003/100/100"></a>
</div>

 

最後に、JavaScriptでlightgalleryを実行します。
下記の1行だけです。

lightGallery(document.getElementById('lightgallery'));

第1引数に、画像全体を囲ったdivタグを渡しています。

第2引数は省略可能ですが、指定するとスライドの向きやダウンロードの無効など細かな設定も可能です。

お好みでオプションを追加してください。
オプションはこちら

 

まとめ

画像の表示に少し手を加えるだけで、スマホやPCのどちらでも表示できるフォトギャラリーが作成できました。

CSSなど変更することでカスタマイズなども容易にできます。

フォトギャラリーの実装は他にもライブラリーがありますので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

 

大石ゆかり

内容が分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

JavaScriptを学習中の方へ

これで解説は終了です、お疲れさまでした。

  • つまずかず「効率的に」学びたい
  • 副業や転職後の「現場で使える」知識やスキルを身につけたい

プログラミングを学習していて、このように思ったことはありませんか?

テックアカデミーのフロントエンドコースでは、第一線で活躍する「プロのエンジニア」が教えているので、効率的に実践的なスキルを完全オンラインでしっかり習得できます。

合格率10%の選考を通過した、選ばれたエンジニアの手厚いサポートを受けながら、JavaScript・jQueryを使ったWebサービス開発を学べます。

まずは一度、無料体験で学習の悩みや今後のキャリアについて話してみて、「現役エンジニアから教わること」を実感してみてください。

時間がない方、深く知ってから体験してみたい方は、今スグ見られる説明動画から先に視聴することをおすすめします!