Unityで光源(ライト)を設定する方法【初心者向け】

Unityで【光源(ライト)】を設定する方法を初心者向けに解説した記事です。ライトがなければゲーム画面は真っ暗なので、最初に設定する必要があります。Directional Light、Point Light、Spotlightの3つを紹介。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が1,000以上あります。

ゲームエンジンのUnity光源(ライト)を設定する方法を初心者向けに解説した記事です。

ライトがなければゲーム画面は真っ暗な状態ですので、カメラと並んで最も基本的な設定となります。

Unityでは3種類のライトが用意されており、ゲームの演出に合わせて選ぶことができます。

 

なお、本記事はTechAcademyのUnity入門オンライン講座の内容をもとにしています。

 

20163020-2

 

今回はUnityでの光源の使い方を練習してみよう。

 

20160620

 

田島メンター!!光源にはどんな役割があるんですか〜?

 

20163020-2

 

光源によってゲーム内の各オブジェクトに対して光や影の表現を加えることができるんだ。ここでは「Directional Light」「Point Light」「Spotlight」の3つのライトについて説明するよ。

 

20160620

 

お願いしまーす!

 

ライトの種類

設定を始める前に、3種類のライトについて簡単に説明します。

 

Directional Light

「太陽」のようにゲーム画面全体を照らします。

全てのゲームオブジェクトに対して、均一に光を当てます。

最も一般的に使用するライトです。

 

Point Light

「電球」のようにライトの周囲を照らします。

ライトからの距離が遠いほど暗くなります。

 

Spotlight

「車のヘッドライト」のように円錐状の範囲内を照らします。

ライトから一定角度の範囲のみ明るくなります。

 

では、実際にライトを設定してみましょう。

 

 

事前準備

ライトに照らされる対象として、球(Sphere)と平面(Plane)を作成します。

まずは、画面上部のタブで、[GameObject]→[Create Other]→[Sphere]と選択します。作成した「Sphere」は、Y座標を「1」にします。

001 002

 

同様に、[GameObject]→[Create Other]→[Plane]と選択します。

「Plane」はこのままで設定完了とします。

003 004

 

次に、画面を見やすくするため、カメラの位置を変えます。

「Main Camera」のY座標を「3」にします。

005

以上で準備完了です。

 

この状態で再生ボタンを押してみましょう。

0065

ゲーム画面は真っ暗です。

この真っ暗な画面に光源を設定していくことになります。

 

20163020-2

 

光源がない状態だとこんな感じになるよ。

 

20160620

 

これだとどれが何だか分かりませんね。

 

20163020-2

 

それでは各種ライトを反映させて違いを見てみよう。

 

 

[PR] Unityを使ったゲーム開発で挫折しない学習方法を動画で公開中

Directional Lightの設定

まずは、[Directional Light]を作成してみましょう。

画面上部の[GameObject]タブから、[Create Other]→[Directional Light]と選択します。座標の設定は不要ですが、今回は他のライトと比較しやすいようにY座標を「3」にします。

007 008

 

この状態で再生ボタンを押してください。

0091-1

ゲーム画面が明るくなりました。

 

ライトの向きを設定すると、影の映り方を変えることができます。

[Inspector]タブの[Transform]で、[Rotation]の[X]を「90」、[Y]を「0」としてください。

010

 

光が真上から当たるようになりました。

0111

 

 

Point Lightの設定

次に、[Point Light]を作成してみましょう。

まずは、先ほど作成した「Directional Light」を無効にします。
(ライトを削除してもかまいませんが、ここでは非アクティブにします。)

 

[Inspector]タブで、ゲームオブジェクト名の左にあるチェックボックスを解除します。

012

 

そして、画面上部の[GameObject]タブから、[Create Other]→[Point Light]と選択します。

Y座標は「3」にします。

013 014

 

再生ボタンを押してみましょう。

015

「Directional Light」とは異なり、平面の外側ほど暗くなっています。

 

このままでは少し暗いので、ライトの有効範囲を広げてみます。

[Inspector]タブの[Light]で、[Range]の値を「12」にします。

016

 

光の届く範囲が広がり、先ほどよりも明るくなりました。

017

 

 

Spotlightの設定

最後に、[Spotlight]を作成してみましょう。

まずは、先ほど作成した「Point Light」を無効にします。

[Inspector]タブで、ゲームオブジェクト名の左にあるチェックボックスを解除します。

018

 

そして、画面上部の[GameObject]タブから、[Create Other]→[Spotlight]と選択します。

Y座標は「3」にします。

019 020

 

再生ボタンを押してみましょう。

021

ライトを起点にして、円錐状の範囲内のみ明るくなっています。

 

ここで、ライトの照らす角度を広げてみましょう。

[Inspector]タブの[Light]で、[Spot Angle]の値を「90」にします。
(値はスライダーで調節することもできます。)

022

 

より広い範囲が照らされるようになりました。

023

 

ライトは明るさを調節することもできます。

[Inspector]タブの[Light]で、[Intensity]の値を「1.5」にします。

024

 

先ほどよりも光が強くなっています。

025

今回の記事は以上です。

記事を参考にして、ゲームの用途に合わせて使ってみてください。

 

20163020-2

 

それぞれのライトの特性は分かったかな?場面によって有効な表現を選んで使ってみよう。

 

20160620

 

はい!同じ種類のものでも、設定によってまた雰囲気が変わってくるんですね。

 

20163020-2

 

Rangeによる光の範囲の調整や、座標による向きの変更などは必ず使うことになるので基本の操作をしっかりおさえておこう。

 

20160620

 

一通り触って覚えてみます。ありがとうございました!

 

 

さらにUnityを使いこなしたい場合はUnityにtransformの値を設定する方法も合わせてご覧ください。

[お知らせ]TechAcademyではオリジナルゲームアプリが公開できるUnityオンラインブートキャンプを開催しています。現役Unityエンジニアのサポートで効率的に学びたい場合はご検討ください。