Javaで再帰処理を実装する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaで再帰処理を実装する方法について解説しています。自分自身を呼び出す処理を再起処理といいます。Javaでの再帰処理の実装方法、使用例をサンプルコードで見ていきましょう。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

Javaで再帰処理を実装する方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

Javaについてそもそもよく分からないという方は、Javaとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Java講座の内容をもとに作成しています。

 

田島悠介

今回は、Javaに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

再帰処理を実装する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

目次

 

再帰とは

再帰処理とはメソッドの中で自分自身を呼び出す処理のことです。再帰処理は自分自身を呼び出すため適切な終了処理をしない限り無限ループになってしまう点に注意する必要があります。

 

[PR] Javaプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

再帰処理の書き方

再帰処理は以下のように記述することができます。

アクセス修飾子 戻り値 メソッド名(引数) {
  if (終了条件) {
    return 戻り値;
  } else {
    メソッド名(引数);
    return 戻り値;
  }
}

メソッドの中で自分自身を呼び出します。ただ終了条件に一致した時にはメソッドを終わらせるようにします。

再度メソッドを呼ぶ時に渡す引数は最初に渡ってきた引数とは別の値を渡してあげるようにしましょう。

 

実際に書いてみよう

では実際に再帰処理を記述してみましょう

ソースコード

public class SampleClass {
  public static void main(String[] args) {
    int num = 3;
    System.out.println("1から" + num + "までの整数を足した結果は" + add(num) + "です!");
  }

  public static int add(int num) {
    if (num <= 0) {
      return 0;
    } else {
      return num + add(num - 1);
    }
  }
}

 

実行結果

1から3までの整数を足した結果は6です!

 

この処理ではaddメソッドの中でaddメソッドを再度呼び出しています。その際に元々渡ってきた引数のnumと再度読んだaddメソッドの戻り値を足しています。addメソッドの引数には元々の引数から1引いた値を渡しています。

例で示したnumが3の場合

3 + add(2)

となります。またadd(2)は

2 + add(1)

なので

3 + 2 + add(1)

となります。add(1)は

1 + add(0)

であり、add(0)は0が終了条件に引っかかるので0が戻り値として返ってきます。

よって

3 + 2 + 1 + 0

となり6が出力されます。

 

まとめ

この記事ではJavaで再帰処理を実装する方法について解説します。再帰処理は適切な終了条件を書かないと無限ループとなってしまいます。注意して実装していきましょう。

 

監修してくれたメンター

メンターSさん

システムエンジニアとしてこれまで行政システムや医療用システムの保守、開発に携わりました。

JavaやPython、PHP、Kotlinなど様々な言語での開発経験があります。

TechAcademyではJavaコース、Pythonコース、AIコースなど7コースを担当しています。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは、初心者でも、JavaやServletの技術を使ってWebアプリケーション開発を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

 

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。