Ruby on Railsのgroup_byの使い方を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにRuby on Railsのgroup_byの使い方について現役エンジニアが解説しています。group_byとは、集合を色々な条件でグルーピングすることが出来るメソッドです。配列やハッシュ値についてgroup_byメソッドを使ってグループ化します。group_byの書き方や使い方について解説します。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

Ruby on Railsのgroup_byの使い方について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

 

Rubyについてそもそもよく分からないという方は、Rubyとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Ruby講座の内容をもとに紹介しています。
 

田島悠介

今回は、Rubyに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Ruby on Railsのgroup_byの使い方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

目次

 

Railsのgroup_byとは?

group_byとは、集合を色々な条件でグルーピングできるメソッドです。

 

[PR] Rubyのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

group_byを使う理由

集合をグルーピングしたい場合、集合の要素の数だけ繰り返し処理してチェックするようなコードとなり、パターン化できそうな処理になります。それをシンプルなコードで実現できるのがgroup_byです。
 

group_byの書き方

集合.group_by {ブロック}

と書きます。ブロックを評価した結果をキー、対応する要素の配列を値とするハッシュを返します。
 

実際に書いてみよう

1.配列をグルーピング

配列に対してgroup_byを使ってみます。

score = [70, 100, 90, 95, 80]
puts score.group_by {|s| s >= 80}

と書くと、scoreが80以上(true)と、そうでないもの(false)に以下のようにグルーピングされます。

{false=>[70], true=>[100, 90, 95, 80]}

単純に数字ごとに集計もできます。

array = [1, 2, 3, 2, 3, 4, 3, 4, 5, 4, 5, 6]
puts array.group_by(|a| a)

と書くと、数字ごとに一旦グルーピングされます。

{1=>[1], 2=>[2, 2], 3=>[3, 3, 3], 4=>[4, 4, 4], 5=>[5, 5], 6=>[6]}

こちらは、

puts array.group_by(&:itself)

とも書いても同じ結果です。さらに、

puts arr.group_by(&:itself).map{ |key,value| [key, value.count] }.to_h

と書きます。結果をto_hでハッシュに変換しています。数字ごとに分類してそれぞれの数を以下のように集計できます。

{1=>1, 2=>2, 3=>3, 4=>3, 5=>2, 6=>1}

 

2.ハッシュをグルーピング

group_byはハッシュにも使えます。

people = [
 {id: 1, age: 20, gender: "male"},
 {id: 2, age: 25, gender: "male"},
 {id: 3, age: 30, gender: "male"},
 {id: 4, age: 20, gender: "female"},
 {id: 5, age: 25, gender: "female"},
]
puts people.group_by {|p| [p[:gender]]}

 

と書くと、genderごとにグルーピングされます。

{["male"]=>[{:id=>1, :age=>20, :gender=>"male"}, {:id=>2, :age=>25, :gender=>"male"},{:id=>3, :age=>30, :gender=>"male"}],
 ["female"]=>[{:id=>4, :age=>20, :gender=>"female"},{:id=>5, :age=>25, :gender=>"female"}]}

 

まとめ

group_byは、集合をグルーピングするのに使われます。集合を簡潔に分類したい時に使ってみてください。
 

筆者プロフィール

伊藤広明(いとうひろあき)

1990年代からソフトウェア開発を仕事としてはじめ、2000年ごろからWEBエンジニアの仕事にも従事。
世の中で末長く使ってもらえるシステム開発が信条。後進の育成にも力を入れている。

作れるもの:Webシステム、スマホアプリ
書ける言語: Ruby・PHP・Python・Java・Swift・C#・C/C++・JavaScriptなど
経験があるフレームワーク: Laravel・Ruby on Rails・Apache Strutsなど

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、Ruby on Railsを使ったプログラミングを習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。