Androidアプリ開発でDigitalClockを追加する方法【初心者向け】

Androidアプリ開発のGUIコンポーネント【DigitalClock】を追加する方法を初心者向けに解説した記事です。アプリ内にデジタル時計を表示することができます。フォントサイズやテキストの色変更といったカスタマイズについても解説。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Androidアプリ開発では、アプリのパーツを簡単に追加できるGUIコンポーネントが数多く用意されています。

今回はそのなかの1つである、DigitalClock(デジタル時計)を追加する方法をご紹介します。

 

本記事はTechAcademyのAndroidアプリ開発オンラインブートキャンプの内容をもとに解説しています。

 

大石ゆかり

田島メンター!!Androidアプリに時計を表示したいんですけど、自分で実装しないといけないですか・・・?

田島悠介

時計なら、GUIコンポーネントでDigitalClockっていうのが用意されているよ。

大石ゆかり

どうやって使うんですか〜?

 

DigitalClockとは

DigitalClockとは、アプリ内にデジタル時計を表示したい場合に使われるGUIコンポーネントです。

000

 

 

DigitalClockを配置する

DigitalClockは、レイアウトエディタのパレットの「時刻&日付」から配置できます。

パレット内のDigitalClockを、配置したい場所までドラッグしましょう。

※AnalogClockは、APIレベル17で非推奨となりました。パレットに出てこない場合は、下記のソースコードをレイアウトファイルに貼り付けてください。

 

このようにDigitalClockを配置すると、xmlファイルには次のようなコードが追加されます。

<DigitalClock
android:id=”@+id/digitalClock1″
android:layout_width=”wrap_content”
android:layout_height=”wrap_content”
android:layout_alignParentLeft=”true”
android:layout_alignParentTop=”true”
android:layout_marginLeft=”58dp”
android:layout_marginTop=”38dp”
android:text=”DigitalClock” />

 

これでDigitalClockの配置は完了しました。

アプリを起動してみましょう。画面にデジタル時計が表示されました。

 

なお、実機で実行したときに、この画像のように24時間表示されることがあります。

 

これは、実機の[設定]-[日付と時刻]で、[24時間表示]にチェックが入っているためです。覚えておきましょう。

 

 

[PR] Androidアプリの開発で挫折しない学習方法を動画で公開中

カスタマイズする

DigitalClockは、TextViewを継承しているため、フォントサイズやテキストの色なども同じように自由に変更できます。

例えば、時計の文字サイズを大きくするには、プロパティの「Text Size」の値を変更します。

 

アプリを実行すると、先ほどより文字の大きなデジタル時計が表示されました。

今回の記事は以上です。

 

他のGUIコンポーネントを追加したい場合は、Androidアプリ開発でProgressDialogを追加する方法も合わせてご覧ください。

 

大石ゆかり

簡単に時計が実装できるんですね〜。

田島悠介

そうだね。フォントや色もカスタマイズできるから、アプリに応じて色々アレンジできるね♪

大石ゆかり

はい、そうですね♪

 

[お知らせ]TechAcademyでは初心者でも最短4週間でオリジナルアプリが作れるAndroidアプリ開発講座(オンラインブートキャンプ)を開催しています。自分でアプリを公開してみたい場合はご参加ください。