JavaでExit Codeを操作する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaでExit Codeを操作する方法について解説しています。Exit Codeは終了ステータスを取得する際に使用されます。System.exitを使った処理の例、書き方を見ていきましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

JavaでExit Codeを操作する方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

 

Javaについてそもそもよく分からないという方は、Javaとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まるでしょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Java講座の内容をもとに作成しています。

 

田島悠介

今回は、Javaに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Exit Codeを操作する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

目次

 

Exit Codeとは

Exit Codeとは終了コードのことです。

例えば、shellなどからJavaのバッチプログラムを呼び出す際に、shellなどにJavaの処理がどのようになされたのかを伝える役割があります。

通常Exit Codeが0で渡った時には通常終了を意味し、0以外のExit Codeが渡った時には何かしらのエラーなどの異常終了を意味します。

 

[PR] Javaで挫折しない学習方法を動画で公開中

Exit Codeを操作する方法

Exit Codeを操作する方法としてSystem.exitメソッドを使う方法をみていきましょう。

System.exitメソッドは以下のように使用します。

System.exit(Exit Code);

System.exitメソッドの引数にその終了を意味したいExit Codeを設定することでShellなどにそのExit Codeを渡すことが可能です。

またSystem.exitメソッドを実行すると、処理の途中であっても実行されたら即Javaプログラムは終了します。

同じく終了時に使うreturnはfinallyブロックの処理を実施して終了し、System.exitメソッドはfinallyブロックの処理も実行せずに終わるという点で違いがあります。

 

実際に書いてみよう

実際にSystem.exitメソッドを使ってExit Codeを操作してみましょう

ソースコード

public class  SampleClass {
  public static void main(String[] args) {
    try {
      System.out.println("動作開始");
      String str = "";
      int num = Integer.parseInt(str);
      System.out.println(num);
      System.exit(0);
      System.out.println("動作終了");
    } catch (Exception e) {
      System.out.println("エラー発生");
      System.exit(1);
    } finally {
      System.out.println("finallyの中です");
      System.exit(2);
    }
  }
}

 

実行結果

動作開始
エラー発生

 

エラーが発生して、catchブロックの中に移動したものの、System.exit(1)を実行した後、finallyブロックには行かずにそこで終了しています。

 

まとめ

この記事ではJavaでExit Codeを操作する方法について解説しました。

 

執筆してくれたメンター

メンターSさん

システムエンジニアとしてこれまで行政システムや医療用システムの保守、開発に携わりました。

JavaやPython、PHP、Kotlinなど様々な言語での開発経験があります。

TechAcademyではJavaコース、Pythonコース、AIコースなど7コースを担当しています。

 

大石ゆかり

JavaでExit Codeを操作する方法がよく分かったので良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃん、これからも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、JavaやServletの技術を使ってWebアプリケーション開発を習得できるオンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。