PHPでセレクトボックスから値を受け取る方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPHPでセレクトボックスから値を受け取る方法について現役エンジニアが解説しています。セレクトボックスとは、HTMLのselectタグで作成する選択肢が複数あるプルダウンメニューのことです。GETやPOSTメソッドを使ってセレクトボックスからPHPで値を受け取る方法を解説します。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

今回は、PHPでセレクトボックスから値を受け取る方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

 

PHPについてそもそもよく分からないという方は、PHPとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、PHP/Laravel講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、PHPに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

PHPでセレクトボックスから値を受け取る方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 
この記事は、HTMLのセレクトボックスで選択された値をPHPプログラムで受け取る方法について記載した記事です。

HTML、PHPのことがまだあまりよく分かっていない方でも理解できる内容になっています。
 

目次

 

セレクトボックスとは

セレクトボックスとはHTMLの<select>タグを使用して作成することのできる、選択肢が複数あるプルダウンメニューのことです。

PHPでは、画面のセレクトボックスで選択された値を受け取り、DBにデータを検索・登録・更新・削除などの処理を行うことができます。
 

[PR] PHPのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

セレクトボックスから値を受け取る方法

セレクトボックスで選択された値をPHPなどのサーバーサイドプログラムで受け取るには、まずセレクトボックスを持つ画面側は、HTMLの<form>タグで<select>タグを囲まなければいけません。

<form>タグで囲まれたHTMLの部品は、入力・送信フォームとなり選択・入力された値をサーバーサイドプログラムに送ることが可能になります。

次にPHP側では、<form>タグに記載された、GET・POSTなどのリクエストメソッドに合わせてデータを受け取る「スーパーグローバル変数」が用意されています。

GETリクエストの場合は、スーパーグローバル変数「$_GET[]」を使用して画面のフォームから送信された値を受け取ります。POSTリクエストの場合は、スーパーグローバル変数「$_POST[]」を使用して画面のフォームから送信された値を受け取ります。

2つの変数の[]の部分には、画面側HTML内に記載されたname属性に設定された文字列を渡します。name属性に指定された文字列を指定することで、そこで入力された値を受け取れる仕組みになっています。

ちなみにスーパーグローバル変数とはPHPのプログラム内のどこからでも呼び出すことができる、PHPがあらかじめ用意している変数で、$_GET、$_POSTの他にも様々なスーパーグローバル変数が用意されています。
 

実際に書いてみよう

それでは、実際にセレクトボックスで選択された値を、PHPプログラムで受け取る例を見ていきましょう。

サンプルコード(index.php):

<?php
if(isset($_POST["fruits"])) {
  // セレクトボックスで選択された値を受け取る
  $fruit = $_POST["fruits"];

  // 受け取った値を画面に出力
  echo $fruit;
}
?>

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
  <metacharset = "utf-8">
  <title>セレクトボックスの値をPHPで受け取る</title>
</head>

<body>
  <h1>セレクトボックスの値を送信</h1>
  <form action="index.php" method = "POST">
    <select name= "fruits">
      <option value = "りんご">りんご</option>
      <option value = "れもん">れもん</option>
      <option value = "メロン">メロン</option>
    </select>
    <input type="submit"name="submit"value="送信"/>
  </form>
</body>
</html>

実行結果:

 

 

 

上記の例では、HTMLで<form>タグの中にセレクトボックスと送信ボタンを配置して、form内で選択・入力された値をサーバーのPHPプログラムに送信できるようになっています。

送信するPHPファイル名は、<form>タグの「action」に記載されている「index.php」です。

今回は、<form>タグの「method」に「POST」を設定して、POSTリクエストでデータを送信するようになっています。

したがいまして、PHPプログラムでは、$_POSTで受け取ります。$_POSTに<select>タグの「name」に設定された「fruits」の文字列を渡すことで、<option>タグの「value」に設定された値を受け取っていることが実行結果から確認できると思います。

ちなみにPHPプログラム内のisset関数は引数に渡した値が存在する場合にboolean型のtrueを返す関数で、このプログラム内では、「POST送信されたデータを受け取った時」にif文内の処理が実行されるようになっています。
 

まとめ

以上、セレクトボックスの値をPHPプログラムで受け取る方法について解説しました。

セレクトボックスで選択された値をPHPプログラムで受け取る処理は、PHPでWebアプリケーションを開発する際に基本となってくる技術なのでしっかりマスターしましょう。
 

筆者プロフィール

平野大輝(ひらのだいき)

スキル:PHP・Java・JavaScriptを用いて様々なアプリを開発するWebエンジニア。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、PHPやフレームワークのLaravelを使ってWebアプリケーション開発を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。