XAMPPでポート番号を確認する方法【初心者向け】

XAMPPで【ポート番号を確認する方法】を初心者向けに解説した記事です。XAMPPを使って作成したWebアプリケーションがうまく動かない場合は、使用中のポート番号を確認して設定し直してみましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

PHPの開発環境としてもよく使われるXAMPPでは、ポート番号を確認することができます。

今回は初心者向けに、自分の端末が使用してるポート番号を確認する方法を解説します。

 

ポート番号を確認する理由

ネットワーク越しにデータのやり取りをする際に気をつけなければいけないこととして、ポート番号の確認があります。

ポート番号は普段はあまり意識していないと思いますが、HTTP通信やFTP通信をおこなうとき、コンピュータ側で自動的に割り振られて使用されています。

 

普通にコンピュータを使用する場合はそれほど気にかける必要もありませんが、Webアプリケーションを作成するような場合は、チェックすることもあります。

たとえば、作成したWebアプリケーションがうまく動かない場合は、使用中のポート番号を確認して設定し直すことがあります。

 

大石ゆかり

田島メンター!XAMPPのApacheが起動しません。

田島悠介

ポート番号が使われているのかな。

大石ゆかり

ポート番号って何でしょうか?

田島悠介

例えば、ブラウザのアドレスの最後に:80を追加してみるとわかるんだけど、実は80番ポートで起動しているアプリケーションに接続しているんだ。httpsだと443かな。

大石ゆかり

https://techacademy.jp:443やhttpから始まるURLなら:80でアクセスできますね。他の:90とかにしてもエラーになるのに!

 

XAMPPを利用してポート確認をする

今回は「C:\xampp」にXAMPPがインストールされている環境を前提に説明していきます。

まずは、フォルダ「C:\xampp\install」を開いてください。

WS0000013

 

フォルダ直下にある「portcheck.bat」を実行(ダブルクリック)してください。

WS0000053

 

実行すると、下記画面が表示されます。

WS0000034

 

画面はすぐに消えますので、消えた後、「portcheck.ini」を実行(ダブルクリック)してください。

WS0000061

 

実行するとこのような画面が表示されます。

WS0000042

表示された画面で、「BLOCKED」となっているポートが、現在使用されているポートです。

また、「FREE」のポートが現在使用されていないポートになるので、作成したWebアプリケーションがうまく動いていないようなことがあった場合は、設定されているポート番号と現在使用中のポート番号を確認するようにしましょう。

 

[PR] PHPのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

おわりに

今回の記事は以上です。

XAMPPの使い方をさらに知りたい場合は、XAMPPでセキュリティ設定を行う方法も合わせてご覧ください。

 

大石ゆかり

これは、batファイルを実行すると結果が、iniファイルに書かれるということでしょうか?

田島悠介

その通り!ウェルノウンポートというのがあって、ウェブサーバーは80番、httpsなどは443番。MySQLは3306番って決まってるんだ。違うポート番号にしても良いけど、そうだとアクセスするときに省略出来なくなるんだ。

大石ゆかり

では、ブロックって表示された場合は、そこが他のアプリケーションに使われているってことなんですねー。

田島悠介

skypeとかが80番ポートを使っていることが前に頻繁にあったらしいね。その場合は、80番ポートから変更してあげよう。80番ポートはWebサーバーが使うのが標準です。

 

PHPを勉強していて、
・もっと効率的に勉強したい
・誰かに聞きながら学びたい
・自分でWebサービスを作りたい
と思ったことはないでしょうか?

そんな方のために、TechAcademyではオンラインブートキャンプPHP/Laravelコースを提供しています。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間でオリジナルWebサービスを開発することが可能です。

独学に限界を感じている場合はご検討ください。