PHPのeval関数の使い方を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPHPのeval関数の使い方について現役エンジニアが解説しています。eval関数とは、任意の文字列をPHPのコードとして評価するための関数です。戻り値は、実行したPHPコードの結果が返ってきます。eval関数の書き方や使い方について解説します。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

今回は、PHPのeval関数の使い方について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

PHPについてそもそもよく分からないという方は、PHPとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、PHP/Laravel講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、PHPに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

PHPのeval関数の使い方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

この記事ではPHPのeval関数の使い方について解説します。

目次

 

eval関数とは

eval関数は任意の文字列をPHPのコードとして評価するための関数です。

通常PHPでは文字列は文字列として認識されるので以下のようなPHPのソースコードであっても文字列で書かれていた場合は文字列として認識されます

"print('こんにちは');"

しかしeval関数を使うと上記のようなシングルクォーテーションもしくはダブルクォーテーションで囲まれた文字列であってもPHPコードとして評価され、実行することができます。

非常に便利な関数に思えますが、任意のPHPコードを実行できてしまうため、非常に危険でもあります。どうしても検討してどうしても使わなければならない時に、細心の注意を払って使うようにしましょう。

[PR] PHPのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

eval関数の使い方

eval関数は以下のように使うことができます。

eval(文字列);

引数にはPHPコードとして評価してほしい文字列を設定します。戻り値は、そのPHPコードを実行した結果が返ってきます。

returnがない場合には戻り値はNULLが返ってきます。中で実行されるPHPコードにエラーがある場合にはパースエラーが発生するようになっています。

実際に書いてみよう

では実際にeval関数を使ってソースを書いてみましょう。

ソースコード

<?php
$num = 3;
$str = "if (" . $num . " > 3) { return '" . $num . "は3以上です。';}
        else { return '" . $num . "は3より小さいです。'; };";
echo eval($str);
echo "<br/>";
$num = 5;
$str = "if (" . $num . " > 3) { return '" . $num . "は3以上です。';}
        else { return '" . $num . "は3より小さいです。'; };";
echo eval($str);

 

実行結果

3は3より小さいです。
5は3以上です。

$strは文字列ですが書かれている内容はPHPのif文です。このままだとただの文字列ですがeval関数の引数として設定することにより、PHPコードとして評価され、if文が実行されます。

なので実行結果のような文字列を出力することができています。

まとめ

この記事ではPHPのeval関数の使い方について解説しました。

eval関数は使い方を間違えると非常に危険なためどうしても他に実装する方法がない時以外は使わないようにしましょう。

筆者プロフィール

メンターSさん

システムエンジニアとしてこれまで行政システムや医療用システムの保守、開発に携わりました。

JavaやPython、PHP、Kotlinなど様々な言語での開発経験があります。
TechAcademyではJavaコース、Pythonコース、AIコースなど7コースを担当しています。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間で、PHPやフレームワークのLaravelを使ってWebアプリケーション開発を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。