CSSのみで続きを読むボタンの実装方法を現役エンジニアが紹介【初心者向け】

初心者向けにCSSのみで続きを読むボタンの実装方法について解説しています。ボタンの基本の作成方法とその内容、CSSによるボタンのデザインの例を各バージョンごとに紹介します。JavaScriptによる処理も念頭に置いたボタンの設置を覚えましょう。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

CSSのみで続きを読むボタンの実装方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

そもそもCSSについてよく分からないという方は、CSSの書き方について解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプWebデザイン講座のCSSカリキュラムをもとに執筆しています。

 

田島悠介

今回は、CSSに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

続きを読むボタンの実装方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

目次

 

続きを読むボタンのデモ

文字数の制限などの理由により、記事の詳細を全て表示せずに、部分的に表示してから、ユーザーに続きを読んでもらうためのボタンが設置されることがあります。下記は、その「続きを読む」ボタンの装飾のサンプルコードです。

 

[PR] HTML/CSSで挫折しない学習方法を動画で公開中

HTMLとCSSのソース解説

HTML

<div class="readmore">
  <a class="button" href="#">続きを読む</a>
</div>

まず、表示位置を臨機応変に調整するための枠としてdivタグなどを用いて、ボタンを包括しておく親要素を定義します。さらに、その子要素として、ボタンを装飾するために主には aタグを用いて定義します。

href属性の値を用いたり、JavaScriptによる処理も設定しやすいためです。

 

CSS

.readmore a.button {
  text-decoration: none;
  color: #333;
  display: block;
  text-align: center;
  background-color: #eee;
  padding: 10px;
  line-height: 14px;
  font-size: 14px;
  width: 160px;
  margin: 0 auto;
  border: 1px solid #aaa;
}

CSSでは、aタグに設定されてあるリンク下線や文字色を違和感のない状態に設定します。リンク下線は、 text-decoration: none;にて取り消せれます。

文字色は、colorプロパティの値に接頭辞として#を記述してから、6桁の16進数の番号を指定します。6桁の値が全て連続する16進数の場合は、3桁に略記することが可能です。

例えば、「#333333」は、「#333」に略記できます。他、幅を定義するための設定や、文字や表示位置を中央寄せにするための設定などです。

 

表示結果

See the Pen
2020-07-20-sample01
by YOHEI INAI (@yohei_inai)
on CodePen.

 

様々なボタンデザインを見てみよう

CSS1からのボタン

See the Pen
2020-07-22-sample02
by YOHEI INAI (@yohei_inai)
on CodePen.

 

CSS2.1からのボタン

See the Pen
2020-07-20-sample01
by YOHEI INAI (@yohei_inai)
on CodePen.

 

CSS3からのボタン

See the Pen
2020-07-22-sample03
by YOHEI INAI (@yohei_inai)
on CodePen.

 

監修してくれたメンター

井内洋平

TechAcademyの現役メンター。

元Web Developerで、趣味は貯金、節税対策、投資信託、株式投資、FXなど多岐にわたる。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間でオリジナルWebサイトを公開できるオンラインブートキャンプWebデザイン講座を開催しています。

挫折しない学習方法を知れる説明動画や、現役エンジニアとのビデオ通話とチャットサポート、学習用カリキュラムを体験できる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。