Favicon Rotatorの使い方ーWordPressプラグイン【初心者向け】

WordPressにファビコンを追加できるプラグイン【Favicon Rotato】の使い方について初心者向けに解説した記事です。テーマファイルの編集やサイズ調整がなくても、画像をアップするだけでファビコンの設定が可能です。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

WordPressのプラグインの使い方を初心者向けに紹介する記事です。

今回は、WordPressにファビコンを追加できるプラグイン、Favicon Rotatorの使い方を紹介します。

 

なお本記事は、TechAcademyのWordPressオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。

 

大石ゆかり

田島メンター!!ブラウザのタイトルのところにあるアイコン画像あるじゃないですか?

田島悠介

あぁ、ファビコンのこと?

大石ゆかり

ファビコンっていうんですね!それをWordPressのサイトで変更したいんですけど、どうやればいいんですか?

田島悠介

それなら「Favicon Rotator」っていうのを使えばできるよ!

 

Favicon Rotatorとは

ファビコンとは、Wrbサイトを閲覧する際にタブに表示されるアイコンです。ブランディングなどに有効で、他サイトと比較してオリジナリティを表現できる箇所でもあります。

お気に入り登録した際にも表示され、設定することでサイトの信頼性やクリック率向上が期待できます。
favicon1

 

 

Favicon Rotatorは、WordPressのサイトで簡単にファビコンを追加できるプラグインです。テーマファイルを編集する必要なく、面倒なサイズ調整などもしてくれるので、非常に簡単に設定できます。

また、このプラグインではファビコンだけでなく、スマホの画面にサイトへのリンクを作成したときに表示されるタッチアイコンも設定可能です。

 

 

プラグインをインストールする

このプラグインは、管理画面から「プラグインを検索」してインストールもできますし、プラグイン公式サイトからダウンロードすることも可能です。

インストールがわからない場合はWordPressのプラグインをインストールする方法をご覧ください。

 

プラグインの設定ができると、ダッシュボード>外観>Favicon というリンクが増えています。

favicon2

 

 

[PR] WordPressで挫折しない学習方法を動画で公開中

ファビコンを追加する

管理画面は、非常にシンプルです。

favicon3

 

登録したい画像を、Add Icon / Set Icon をクリックして選択し、保存ボタンをクリックします。サイズは自動調整してくれるので問題ありませんが、正方形の画像を準備するほうが見た目がキレイです。

また、アップロードしたり、メディアファイルから選択するだけで、自動的にサイズを調整してくれます。もし、正方形でない画像を選択した場合は自動的にトリミングされます。

favicon4

 

 

画像を追加したら、保存ボタンを押しましょう。

ブラウザでサイトを見てみると、設定したファビコンが表示されます。
favicon5

今回の記事は以上です。

 

WordPressの他のプラグインを使って見たい場合は、W3 Total Cacheの使い方も合わせてご覧ください。

 

大石ゆかり

大きい画像でも小さくリサイズしてくれるのが便利ですね〜

田島悠介

そうだね。スマホのタッチアイコンの設定をできるから、スマホを意識しているサイトなら設定しておいたほうが良いね

大石ゆかり

はい♪

 

[お知らせ]TechAcademyでは、WordPressを使ってカスタマイズしたオリジナルサイトを構築できるWordPressオンラインブートキャンプを開催しています。期間中の8週間は現役エンジニアのメンターが毎日学習をサポートするので、独学よりも効率的に学ぶことができます。