WPtouchの使い方ーWordPressプラグイン【初心者向け】

WordPressでスマートフォンサイトに対応させることができるプラグイン【WPtouch】の使い方について初心者向けに解説した記事です。スマホサイト用の表示件数やカラーなどをカスタマイズする方法も合わせて紹介。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

WordPressのプラグインの使い方を初心者向けに紹介する記事です。

今回は、WordPressでスマートフォンサイトに対応させるWPtouch(WPタッチ)の使い方を紹介します。

 

なお本記事は、TechAcademyのWordPressオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。

 

大石ゆかり

田島メンター!!WordPressってスマホに対応していないテーマってありますよね?

田島悠介

うん、あるね。

大石ゆかり

そういうテーマをスマホ対応にするのって、やっぱりコードを触らないといけないんですか?

田島悠介

ううん、そんなことはないよ。「WPtouch」っていうテーマがあってね・・・。

 

WPtouchとは

スマートフォンサイトに対応させることができるプラグインです。

スマートフォンの普及が進んでいる昨今では、スマートフォンサイト対応は必須になってきています。WordPressのテーマによっては、スマートフォンに対応しているテーマがありますが、対応していないものも多くあります。

そんなときに、初心者でも簡単にWordPressをスマートフォン対応にできるプラグインが、WPtouchです。

 

なお、スマートフォンの表示をPCで確認したい場合は、Responsive Design Testingというサイトを利用するのが便利です。URLを入力するだけで、様々なディスプレイ幅での表示を見せてくれます。

WPtouch1

 

例えば、スマートフォン対応できていないサイトは、このような表示になります。

WPtouch2

 

プラグインをインストールする

このプラグインは、管理画面から「プラグインを検索」してインストールもできますし、プラグイン公式サイトからダウンロードすることも可能です。

インストールがわからない場合はWordPressのプラグインをインストールする方法をご覧ください。

 

有効化すると、ダッシュボードに「WP touch」というリンクが増えているのが確認できます。

WPtouch3

 

プラグインを有効化するだけでも基本的な設定はできていますが、更にカスタマイズすることもできます。

WPtouch5

 

ダッシュボード>WPtouch>Theme Settingsをクリックしてください。

WPtouch4

 

Generalのタブでは、表示件数などを設定できます。

WPtouch6

 

Brandingタブでは、カラーなどを設定できます。

WPtouch7

 

ある程度設定できたら、ページ下部の「Preview Theme」をクリックすると表示を簡単に見ることができます。

WPtouch8
WPtouch9

設定が完了したら、Saveをクリックして保存するだけです。
今回の記事は以上です。

 

WordPressの他のプラグインを使ってみたい場合は、All in One SEO Packの使い方も合わせてご覧ください。

 

大石ゆかり

わぁ〜、コードを触らなくてもここまでカスタマイズしてスマホ対応にできるんですね〜♪

田島悠介

うん。どうしてもスマホに対応してないけどこのテーマを使いたいってときにはおすすめだね。

大石ゆかり

そうですね!!ありがとうございます!!!

 

[お知らせ]TechAcademyでは、WordPressを使ってカスタマイズしたオリジナルサイトを構築できるWordPressオンラインブートキャンプを開催しています。期間中の8週間は現役エンジニアのメンターが毎日学習をサポートするので、独学よりも効率的に学ぶことができます。