Pythonで時刻比較をする方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPythonで時刻比較をする方法について現役エンジニアが解説しています。時刻を比較するにはUNIX時間に変換する方法やdatetimeモジュールを使う方法があります。datetimeモジュールで日時の変換方法や日時の計算方法を解説します。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

監修してくれたメンター

清水 源一郎

企業勤務の研究者として、機械学習やデータサイエンスを活用した製品開発を行っている。
テックアカデミーでは、Pythonコース、AIコース、データサイエンスコースを担当。

Pythonで時刻比較をする方法について、テックアカデミーのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

目次

そもそもPythonについてよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Pythonで時刻比較をする方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

時刻比較をする方法

プログラムの中で時刻を比較するときには一度現在時刻をUNIX時間と呼ばれるコンピュータ上の時刻表現に変換する方法がよく用いられます。

しかし、この方法では自分で変換を行うためのロジックを組む必要があり、実装に多少手間がかかります。

Pythonであればdatetimeという日付や時刻を扱うためのクラスを提供する標準モジュールがあります。

datetimeモジュールを使うことで比較などの時間に関する処理を簡単に行うことができます。

次の項目でPythonのdatetimeモジュールについて詳しく見ていきましょう。

Datetimeモジュールにおける時刻を表す三種類のオブジェクト

実際に時刻比較をするときに使われるデータ型を3つピックアップします。

以下の三つのオブジェクトを使うことで、Pythonで時刻を簡単に扱うことができます。

  • date : 日付のみを表すオブジェクト。year, month, dayという三つの属性で年、月、日の情報を持ちます。
  • time :日付の情報を持たず時刻のみを表すオブジェクト。hour, minute, second, microsecondなどの属性を持ち、マイクロ秒までの情報を持ちます。
  • datetime :日付および時刻を表すオブジェクト。dateとtimeの両方の情報を併せ持ちます。

次にそれぞれのオブジェクトの作り方を説明します。

先程も述べたようにdatetimeは標準モジュールなので、下記のようにimportしておくだけでPythonで手軽に使うことができます。

 import datetime

date

以下の例のように年、月、日を設定することでオブジェクトを作成します。

2020年7月7日を表すオブジェクトを作成しています。

datetime.date(2020, 07, 07)

 

time

timeオブジェクトの場合は時、分、秒を設定することで時刻比較をできる形に変換します。

さらに細かく時刻を設定したいときには、第4引数でマイクロ秒を設定できます。

15時30分10秒を表すオブジェクトを作成しています。

マイクロ秒は指定しない場合デフォルトで0になります。

datetime.time(15, 30, 10)

 

datetime

日付と時間の両方の情報を持つdatetime型のオブジェクトは下記のように作成します。

2020年7月7日15:30:10を表すオブジェクトを作成しています。

datetime.datetime(2020, 07, 07, 15, 30, 10)

 

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際にDatetimeで時刻を比較してみよう

それでは実際にdatetimeモジュールを使って時刻比較をしてみましょう。

datetimeモジュールのオブジェクト同士は、>や<などの比較演算子を使って簡単に比較することができます。

より後の時刻の方が大きいと判定されます。

以下のコードを実行してみましょう。

import datetime

#dateを使った日付の比較
print("2019-11-08 > 2020-01-03 = {}".format(datetime.date(2019,11,8)>datetime.date(2020,1,3)))

#timeを使った時刻の比較
print("20:18:10 < 12:05:20 = {}".format(datetime.time(20,18,10)<datetime.time(12,5,20)))

#datetimeを使った日付+時刻の比較
print("2020-02-05 02:03:10 < 2020-03-09 00:00:01 = {}".format(datetime.datetime(2020,2,5,2,3,10) < datetime.datetime(2020,3,9,0,0,1)))

実行すると以下の結果になり、正しく時刻比較ができていることがわかると思います。

2019-11-08 > 2020-01-03 = False
20:18:10 < 12:05:20 = False
2020-02-05 02:03:10 < 2020-03-09 00:00:01 = True

 

まとめ

今回はPythonを使って時刻を比較する方法を紹介しました。

datetimeモジュールを使って日時を変換すれば簡単に時刻比較をすることができる他に、日時の計算も簡単に行うこともできるのでPythonで日時を扱う際には覚えておくといいでしょう。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

Pythonを学習中の方へ

これで解説は終了です、お疲れさまでした。

  • つまずかず「効率的に」学びたい
  • 副業や転職後の「現場で使える」知識やスキルを身につけたい

プログラミングを学習していて、このように思ったことはありませんか?

テックアカデミーのPythonコースでは、第一線で活躍する「プロのエンジニア」が教えているので、効率的に実践的なスキルを完全オンラインでしっかり習得できます。

合格率10%の選考を通過した、選ばれたエンジニアの手厚いサポートを受けながら、人工知能(AI)や機械学習の基礎を学べます。

まずは一度、無料体験で学習の悩みや今後のキャリアについて話してみて、「現役エンジニアから教わること」を実感してみてください。

時間がない方、深く知ってから体験してみたい方は、今スグ見られる説明動画から先に視聴することをおすすめします!