Pythonで文字列を検索する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPythonで文字列を検索する方法について現役エンジニアが解説しています。countは引数の文字列の出現回数を数え、findは引数の文字列があるかどうかを検索します。find関数とindex関数の違いについても確認しましょう。文字列検索の方法を比較してみます。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

Pythonで文字列を検索する方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

そもそもPythonについてよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプPython講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Pythonで文字列を検索する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

今日は文字列を検索する方法について学んでいきましょう。

検索する方法は様々ありますが、目的に応じて使い分けていくことが重要かと思います。それでは早速みていきましょう。

目次

 

文字列検索の方法一覧とその比較

count(string, beg=, end=)

stringで指定した文字列が含まれる回数をカウントします。オプションとして検索対象を制限することができます。先頭のインデックスを beg で指定したり、末尾のインデックスを end で指定したりします。

find(string, beg=, end=)

stringで指定した文字列中に存在するかどうかを判定し、その場所のインデックスを出力します。オプションとして、検索の開始インデックスを beg で指定したり、終了インデックスを end で指定したりすることで、検索対象を限定することができます。

index(string, beg=, end=)

find()と同じ機能を提供しますが、 stringが見つからなかった場合は例外が発生します。

rfind(str, beg=, end=)

find()と同じ機能を提供しますが、文字列の先頭ではなく、文字列の末尾から逆方向に検索します。

rindex(str, beg=, end=)

find() と同じ機能を提供します。 index()と同様の機能を提供しますが、先頭ではなく文字列の末尾から逆方向に検索します。

startwith(string, beg=, end=)

文字列がstringで指定した文字から始まる場合に True を返します。beg で開始インデックスを指定したり、endで終了インデックスを指定したりすることで、 チェックの対象を限定することができます。

endswith(string, beg=, end=)

stringで指定した文字列が文字列の末尾に含まれるかを判定し、True or Falseで値を返します。オプションとして、開始インデックスを beg で指定するか、終了インデックスを end で指定することで、チェックを制限することができます。

replace(old, new [, max])

find()と同じ機能を提供しますが、 oldが見つからなかった場合は例外が発生します。 文字列の中で old で指定された文字列を、new で指定された文字列に置き換えます。maxに値を指定することで置換数を制限することができます。
&nbsdp;

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

find関数の使い方

文字列のメソッドfind()は、検索したい文字列を左から検索して最初にマッチした位置のインデックスを返します。

in演算子の使い方

メンバーシップ演算子は、変数がリスト、タプル、文字列、辞書に含まれるかどうかを判定し、True/Falseの値を返します。

辞書のキーに対してメンバーシップ演算子を用いることはできますが、値に対してはできません。

実際に書いてみよう

ソースコード

# -*- coding: utf-8 -*-
string = "Hi there, I am learning python from zero to hero"
pl = 'python'
if pl in string:
  print(string.index(pl))
else:
  print(-1)

print(string.find(pl))

pl = 'JavaScript'
if pl in string:
  print(string.index(pl))
else:
  print(-1)

print(string.find(pl))
print(string.index(pl))

 

実行結果

24
24
-1
-1
Traceback (most recent call last):
  File "ex4.py", line 16, in <module>
     print(string.index(pl))
ValueError: substring not found

 

解説

findとindexの機能の違いにみていきます。まずは文字列の中に指定した文字列が含まれているかを判定し、含まれている場合にはそのインデックスを返すまでが、if文の部分になります。それと同等の機能となるのがfindを使用した場合になります。最後にindexをしようした場合含まれない文字列を検索した場合ValueErrorが発生したことを確認しています。

まとめ

今日は検索方法について勉強してきました。

条件分岐やリプレイスなど便利な機能も様々あると思いますので、是非とも活用してみてください。

監修してくれたメンター

メンターkatoさん

学生時代に数値解析のためにプログラミングを始める。現在は企業にて専門職として働くかたわら、プログラムを書き業務効率化を図っている。

現在のメイン言語はPython, JavaScript。また、企業内の希望者にPythonのメンターとして基礎から教えている。テックアカデミーではJavaScriptを教える。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でもPythonを使った人工知能(AI)や機械学習の基礎を習得できるオンラインブートキャンプPython講座を開催しています。

挫折しない学習方法を知れる説明動画や、現役エンジニアとのビデオ通話とチャットサポート、学習用カリキュラムを体験できる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。