Rubyでeofを使う方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにRubyでeofを使う方法について解説しています。eofによってファイルをプログラミングの中に埋め込むことができます。eofを利用するメリットと基本の使い方をサンプルコードで学びましょう。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

Rubyでeofを使う方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

そもそもRubyについてよく分からないという方は、Rubyとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプRuby講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Rubyに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

eofを使う方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

目次

 

eofとは

eofとは「end of file」の略ですが、ファイルをプログラミングの中に埋め込む場合に使用されます。

この文字列を埋め込む方法のことをヒアドキュメント処理と呼びますが、これはunixを記述する際にシェルの実行と同時に文字列データを処理させたい場合の方法としてヒアドキュメント処理が行われています。

このヒアドキュメント処理をRubyでも同様に利用できるようになっています。

 

[PR] Rubyのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

eofを使うメリット

多くの複雑な処理をするコーディングを記述する場合に、とても見やすくなります。

このヒアドキュメント処理はいろいろな言語で使われていますが、基本的には記述内容が分かりやすくなり、ミスが少なくなるというメリットが挙げられます。

 

eofを使う方法

「<<」この記号は入力したデータがここまでという意味を指すものです。

この記号の右側にeofと記述した場合は、「eofと記述した所までがプログラムに埋め込みたいデータである」と認識されるようになります。

使用方法としてはputsやprintなどのメソッドを左側に記述し、

puts <<  "eof"

埋め込みたいデータ

eof

とします。

このeofとした識別子は他の文字でもよく、Stringである”eos”やLineである”eol”、その他の関係のない文字でも識別子として使用が可能です。

 

実際に書いてみよう

print << "TEST"
test1
test2
test3
test4
test5
TEST

 

まとめ

上記の結果で,

test1
test2
test3
test4
test5

と出力されれば成功です。

この識別子ではダブルクォーテーションを使用しましたが、シングルクォーテーションを使用した場合には、特殊文字などがそのままの文字列で返されるようになります。

プログラミングの中にヒアドキュメントを取り込んでいる概念を理解するようにしましょう。

 

監修してくれたメンター

木村勇土

TechAcademyの現役メンター。

現在は行政書士事務所を運営しており、お客様にはプログラマーやフリーランサーも多い。WordPressを中心とした自社のWebサイトの修正などを行なっている。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でもRuby on Railsを使ったプログラミングを習得できるオンラインブートキャンプRuby講座を開催しています。

挫折しない学習方法を知れる説明動画や、現役エンジニアとのビデオ通話とチャットサポート、学習用カリキュラムを体験できる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。