Rubyでbytesとhexを使う方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにRubyでbytesとhexを使う方法について現役エンジニアが解説しています。bytesとは、文字列を数値に変換して配列で返すメソッドです。hexとは、16進数の文字列を10進数に変換して取得するメソッドです。Rubyのbytesやhexメソッドの書き方や使い方について解説します。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

Rubyでbytesとhexを使う方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

そもそもRubyについてよく分からないという方は、Rubyとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプRuby講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Rubyに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Rubyでbytesとhexを使う方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

目次

 

bytesとhexの違いとは

bytesもhexもRubyが提供しているメソッドですが、使う目的が異なります。

bytesは、ある文字列の中身がどんな数値のなっているかを配列で取得するメソッドです。hexとは、対象の16進数の文字列を10進数に変換して取得するメソッドです。

どちらも変換したい文字列に対して使うので、使い方は同じですが、戻り値は全く異なります。

[PR] Rubyのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

bytesとhexの使い方

bytesは、

result = 文字列.bytes

と使います。文字列は、どんな長さの文字列でも指定できます。戻り値は数値の配列です、数値は、文字列に含まれる文字数の分だけ取得できます。

hexも、

result = 文字列.hex

と使います。文字列は、どんな長さの16進数の文字列でも指定できます。戻り値は、1つの10進数の数値です。

実際に書いてみよう

bytesメソッド

bytesメソッドを使って、バイト列を取得します。

str = "abc"
result = str.bytes
p result

と書きます。実行すると、

[97, 98, 99]

と表示されます。この例では、result変数には3つの数値を持つ配列が戻ります。

数値はそれぞれ10進数の数字です。aの文字コードが97、bの文字コードが98、cの文字コードが99です。

対象の文字列が空の場合、

str = ""
result = str.bytes
p result

を実行すると、

[]

と表示されます。文字列が空文字列の場合は、空の配列が戻ります。

hexメソッド

次に、hexメソッドを使って、数値を取得します。

str = "1f"
result = str.hex
p result

と書きます。実行すると、

31

と表示されます。16進数の1fは10進数の31です。少し長めの文字列でも変換できます。

str = "fffff"
result = str.hex
p result

この場合、16進数のfffffは10進数の1048575なので、

1048575

と表示されます。

対象の文字列が、プログラミングで一般的な16進数表記だった場合、

str = "0x1f"
result = str.hex
p result

こちらも

31

と表示されます。”0x”という接頭辞は無視されます。これ以外では、”0X”や”_”(アンダースコア)も無視されます。

str = "0X1f"
result = str.hex
p result
str = "1_f"
result = str.hex
p result

どちらも結果は

31

となります。

もし空文字列だった場合、

str = ""
result = str.hex
p result
0

と表示されます。文字列が空文字の場合は、0を戻します。

まとめ

bytesは、文字列の中身を数値の配列で取得したい時に使います。

hexは16進数文字列を10進数の数値に変換したい時に使います。どちらも使う機会があれば使ってみてください。

筆者プロフィール

伊藤広明(いとうひろあき)

1990年代からソフトウェア開発を仕事としてはじめ、2000年ごろからWEBエンジニアの仕事にも従事。
世の中で末長く使ってもらえるシステム開発が信条。後進の育成にも力を入れている。

作れるもの:Webシステム、スマホアプリ
書ける言語: Ruby・PHP・Python・Java・Swift・C#・C/C++・JavaScriptなど
経験があるフレームワーク: Laravel・Ruby on Rails・Apache Strutsなど

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間でRuby on Railsを使ったプログラミングを習得できるオンラインブートキャンプRuby講座を開催しています。

挫折しない学習方法を知れる説明動画や、現役エンジニアとのビデオ通話とチャットサポート、学習用カリキュラムを体験できる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。