PythonでbitFlyer APIを利用する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPythonでbitFlyer APIを利用する方法について現役エンジニアが解説しています。bitFlierとは仮想通貨の取引所サービスです。提供されているAPIを元に取引の自動化や仮想通貨のデータ取得を行うシステムを自作することもできます。APIを使って板情報を表示させてみましょう。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

PythonでbitFlyer APIを利用する方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

そもそもPythonについてよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプPython講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

PythonでbitFlyer APIを利用する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

目次

 

bitFlyerとは

bitFlierは仮想通貨の取引所サービスです。

2014年に設立したbitFlyer社が運営しているサービスです。無料で口座を解説することができて、登録後も年会費は一切かかりません。登録手続きには書類がなくすべてWeb上で完結します。そして、取引は100円から始められるので、仮想通貨取引をちょっと試したいときにぴったりな取引所です。

そして、今回の本題であるAPIが提供されているので、取引の自動化や仮想通貨のデータ取得を行うシステムを自作することもできます。

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

bitFlyer APIでできる事

先程述べたようにbitFlyerにはAPIが提供されており、API関連では4種類のAPIが提供されています。

bitFlier Lightning

こちらは開発者向けにレート情報を取得したり自動取引などをできる様々なAPIが提供されています。個人で使う分にはこちらのAPIでbitFlyerで提供されているサービスを使っていただけます。APIには認証のいらないものと認証の必要があるものがあります。

https://lightning.bitflyer.com/docs?lang=ja

bitFlier Lightning API Playground

こちらは先程のbitFlyer LightningのAPIをブラウザ上で試していただけるサービスです。プログラムやコマンドを実行する前に試したいときに使えるサービスです。認証がいらないAPIはすぐに実行できますが、認証がいるものはAPIキーの用意が必要になります。(APIキーの取得方法はこのあと紹介します)

https://lightning.bitflyer.com/docs/playground?lang=ja#GETv1%2Fgetmarkets/javascript

chainFlyer API

仮想通貨のベースになるブロックチェーンの取引の流れを見るためのAPIです。ブロック、トランザクション、アドレスを取得することができます。さらにchainFlyerのサービスを見るとマイニングの様子をリアルタイムで見ることができるため非常に面白いサービスです。

https://chainflyer.bitflyer.com/API/docs?lang=ja

Echo API

Echoは法人向けにビットコインの送付を行うためのサービスです。これを使えば自社のサービスでポイント交換発注を行った際にビットコインを自動送付するシステムになっています。このシステムを開発する際に使うAPIがEcho APIです。このAPIを使うにはbitFlyerの法人アカウントを作成する必要があります。

https://bitflyer.com/ja-jp/corporate/echo

bitFlyer APIを利用する方法

実際にAPIを利用する方法を紹介します。先程いくつかAPIを紹介しましたが、今回は1つ目に紹介したbitFlyer lightningに絞って紹介します。

先程述べたようにこちらのAPIは認証のいらないPublic APIと認証が必要なPrivate APIの2種類が存在します。Public APIは認証がいらないので、bitFlyerのアカウントを持ってなくてもすぐお使いいただけます。

一方Pribate APIについては、認証のためのAPI key, API secretが必要になります。bitFlyerのアカウントを作成したら、開発者ページを開き、左側のメニューからAPIを選択して、API keyとAPI secretを作成します(作成は無料です)。

実際に書いてみよう

それでは、実際にPythonでAPIを使ってみましょう。

bitFlyer lightning APIをPythonで使う場合、pipでインストールできる Pythonラッパーライブラリがあるので今回はこれを使っていきたいと思います。以下のコマンドでインストールします。

pip install bitflyer

インストールを終えたらBTC/JPYの板情報(どの値段で売買注文が出ているかをまとめた情報)を取得し、CSV 書き出すコードを動かしてみます。Public APIを使用しているので、ライブラリをインストールすればすぐにお使いいただけます。JSONからCSVに変換するためにpandasを使用するので、まだインストールしていない場合は、以下のコマンドを実行しpandasをインストールします。

pip install pandas

インストールを終えたら、以下のコードを任意のディレクトリに保存します。

from bitflyer import public
import pandas as pd
import json

board = public.Public().getboard()
print(json.dumps(board, sort_keys=True, indent=4))
bids = json.dumps(board['bids'])
df = pd.read_json(bids)
df.to_csv('bids.csv', encoding='utf-8')

サンプルを実行すると、以下のように版情報がCSVで出力されます。

まとめ

今回はbitFlyerのAPIをPythonで動かしてみました。

Pythonであれば専用のライブラリを使って簡単にAPIを操作することができるため、今回のようなマーケットの情報を仕入れることもできますし、今回は紹介しませんでしたが、Private APIを使えば仮想通貨の自動取引システムも簡単に作ることができるので、気になった方はぜひお試しください。

監修してくれたメンター

メンター三浦

モバイルゲームを運用している会社のエンジニアをしています。趣味でWEB開発やクラウドコンピューティングもやっており、ソフトもハードもなんでもやります。

TechAcademyジュニアではPythonロボティクスコースを担当しています。好きな言語はPython, Node.js。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間でPythonを使った人工知能(AI)や機械学習の基礎を習得できるオンラインブートキャンプPython講座を開催しています。

挫折しない学習方法を知れる説明動画や、現役エンジニアとのビデオ通話とチャットサポート、学習用カリキュラムを体験できる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。