Pythonにおけるfor文のelseについて現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPythonにおけるfor文のelseについて現役エンジニアが解説しています。for文とは繰り返し処理を行なうことのできる構文の1つで、リスト、タプル、辞書など複数の要素を持つデータ型を展開します。elseは条件以外の条件になります。for文のelseの書き方や使い方を解説します。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

Pythonにおけるfor文のelseについて、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

そもそもPythonについてよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプPython講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Pythonにおけるfor文のelseについて詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

この記事では、Pythonにおけるfor文においてelseを用いる方法について解説します。

目次

 

for文とは

まずは、for文の使い方について復習しておきます。

for文はPythonにおいて繰り返し処理を行なうことのできる構文の1つであり、要素を取りだすことのできる「イテラブルオブジェクト」と呼ばれるオブジェクトに対して用いることができます。

for文は次のような形で記述します。

for 変数 in イテラブルオブジェクト:
    処理内容

「イテラブルオブジェクト」というのはリスト、タプル、辞書などの複数の要素を持つオブジェクトのことです。イテラブルオブジェクトの要素を1つずつ取り出して、変数に格納して順番に処理をしていくのがfor文です。

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

for文でのelseの意味

for文はelseを組み合わせて使うこともできます。その場合、

for 変数 in イテラブルオブジェクト:
    処理内容1
else
    処理内容2

という形で記述することになります。elseを使ったfor文の記述では、通常のfor文の場合の処理に付け加えてelse以下で指定した処理を最後に1度だけ実行する、というものです。

elseを利用してfor文の条件分岐を完成させよう

それでは、実際にコードを書いてfor文とelseを組み合わせた使い方について確認してみましょう。

# リストの用意
>sample_list = ["pen", "pineapple", "apple"]
# 表示して確認
>print(sample_list)
出力 : ['pen', 'pineapple', 'apple']

# for文とelseを用いてリストの要素を1つずつ表示
>for item in sample_list:
       print(item)
   else: #リストに要素を追加して全体を表示
       sample_list.append(sample_list[0])
       print(sample_list)

出力: pen
           pineapple
           apple
           ['pen', 'pineapple', 'apple', 'pen']

 

まとめ

この記事では、Pythonにおけるfor文とelseの組み合わせた使い方について説明しました。elseは繰り返し処理を行なうfor文で1回だけ処理を付け加えるのに便利な方法です。ぜひ覚えておくと良いでしょう。

監修してくれたメンター

小倉翔悟(おぐらしょうご)

AIプログラミングを使って開発を行う大学3年生。

プログラミング歴は約3年でPythonは割と得意。好きな物理理論は一般相対性理論で動物も好き。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間でPythonを使った人工知能(AI)や機械学習の基礎を習得できるオンラインブートキャンプPython講座を開催しています。

挫折しない学習方法を知れる説明動画や、現役エンジニアとのビデオ通話とチャットサポート、学習用カリキュラムを体験できる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。