Auto Post Thumbnailの使い方ーWordPressプラグイン【初心者向け】

WordPressのプラグイン【Auto Post Thumbnail】の使い方を初心者向けに解説した記事です。アイキャッチ画像を自動で生成することができます。今まで登録していなくて、これから一括で登録する場合は有効です。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

WordPressのプラグインの使い方を初心者向けに紹介する記事です。

今回は、アイキャッチ画像を自動で生成してくれるプラグイン、Auto Post Thumbnail(オートポストサムネイル)の使い方を紹介します。

 

なお本記事は、TechAcademyのWordPressオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。

 

大石ゆかり

田島メンター!!WordPressでアイキャッチ画像ってあるじゃないですか〜?

田島悠介

うん、あるね。

大石ゆかり

よくアイキャッチ画像を指定し忘れてしまうんですけど、何かいい方法ないですか〜?

田島悠介

それならいいプラグインがあるよ!

 

Auto Post Thumbnailとは

WordPressのアイキャッチ画像を生成するプラグインです。

そもそも、アイキャッチ画像とは、ブログの記事一覧をサイドバーなどに表示した時に小さく表示されるアイコンです。これがあるのとないのとでは、クリック率が大きく変わることもあるので重要なポイントです。

Auto_Post_Thumbnail2

 

ちなみに、アイキャッチは記事投稿画面から、個別に設定することができます。

Auto_Post_Thumbnail

しかし、WordPressでサイトを作り始めたばかりの頃に設定しておらず、アイキャッチ画像が登録されていないなんてこともあるのではないでしょうか。

 

このプラグインを使えば、過去の記事も含めて各記事のアイキャッチ画像を自動的に設定してくれます。

今から一括で登録したい場合は使ってみましょう。

 

 

プラグインをインストールする

このプラグインは、管理画面から「プラグインを検索」してインストールもできますし、プラグイン公式サイトからダウンロードすることも可能です。

やり方がわからない場合はWordPressのプラグインをインストールする方法をご覧ください。

 

プラグインの有効化が完了すると、ダッシュボード>設定>Auto Post Thumbnailというリンクが追加されます。

Auto_Post_Thumbnail3

 

このリンクが追加されたらプラグインの設定をおこなっていきましょう。

 

 

[PR] WordPressで挫折しない学習方法を動画で公開中

プラグインを設定する

ダッシュボード>設定>Auto Post Thumbnailから、プラグインの管理画面を開いてください。

Generate Thumbnailsというボタンがあるので、これをクリックします。

Auto_Post_Thumbnail4

 

しばらく待って、100%になったら完了です。記事数が多いと時間がかかるかもしれませんが、焦らずじっくり待ちましょう。

Auto_Post_Thumbnail5

これだけでアイキャッチ画像の設定が完了しました。

 

基本的に、投稿画面に表示されている一番上の画像が自動的にサムネイル指定されます。ただし、記事内に1つも画像がないとNO imageと表示されてしまいますので、各記事に1つは画像を入れるようにしましょう。

 

また、自動的に設定されたアイキャッチ画像は、記事ごとの編集画面から再度設定することが可能です。設定方法がわからない場合は、WordPressでアイキャッチ画像を設定する方法をご覧ください。

 

今回の記事は以上です。

他のプラグインの使い方を知りたい場合は、WordPress Popular Postsの使い方も合わせてご覧ください。

ぜひ、WordPressの使い方を覚えましょう!

 

大石ゆかり

これでアイキャッチ画像の指定のし忘れがなくなりますね♪

田島悠介

そうだね。しかも過去の記事でアイキャッチ画像が指定されていないものも補完してくれるのもうれしいね。

大石ゆかり

はい♪

 

[お知らせ]TechAcademyでは、WordPressを使ってカスタマイズしたオリジナルサイトを構築できるWordPressオンラインブートキャンプを開催しています。期間中の8週間は現役エンジニアのメンターが毎日学習をサポートするので、独学よりも効率的に学ぶことができます。