Rubyでコマンドラインオプションを使う方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにRubyでコマンドラインオプションを使う方法について解説しています。ターミナルやコンソールで使用するコマンドの基本とオプションの書き方、バージョン確認などの主なオプションと実際の使用例を覚えましょう。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

Rubyでコマンドラインオプションを使う方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

そもそもRubyについてよく分からないという方は、Rubyとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプRuby講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Rubyに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

コマンドラインオプションを使う方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

目次

 

コマンドラインオプションとは

コマンドラインオプションとはコマンドラインに直接打ち込むコマンドのオプションのことを指します。このコマンドラインとはターミナルやコンソールなどと呼ばれ環境によりますが、Macでは標準でコマンドラインが使えるようになっています。

コマンドラインのオプションを使えるようになるにはコマンドを知っていなければなりません。それぞれのコマンドに様々なオプションが使えるようになっています。

 

[PR] Rubyのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

コマンドラインオプションの利点と使われるケース

例えば、あるフォルダの中にどのようなファイルがあるかをターミナルに表示するコマンドは

$ls

を使用しますが、これには複数のオプションがあります。-aを付けることで隠しファイルであるドットファイルを表示することができ、-1をつけることで1行ずつ表示することが出来るようになります。

開発環境や複数人で記述をする場合にはバージョンを合わせることが必要になります。RubyではRailsのインストールする場合やバージョンをそれぞれのgemを入れる際に、オプションによってバージョンを指定をすることが出来るようになります。

また今現在のRubyのバージョンもコマンドラインオプションで確認することが出来ます。

 

コマンドラインオプションを使う方法

Rubyのバージョンを確認する場合には、-vオプション付きでターミナルに打ち込むことによってバージョンが表示されます。また、Rubyコマンドのオプションにどのようなものがあるかを確認するには-hオプションを付けることで概要が表示されます。

-helpオプションとすることでも概要を表示する事ができます。他にも-wオプション付きとすることで冗長モードで記述を確認することが出来ます。

このオプションは実務的にも使いやすく、余計なコードや削除漏れをしているコードをすぐに確認をすることが出来るようになります。

 

実際に書いてみよう

今回は-wオプションを付けて、冗長モードを有効にします。

(test.rb)

5.times do |i|
  puts "#{i+1}回"
  sum = 1+2
  end

コマンドラインには以下を記述します。

ruby -w test.rb

これにより以下のように表示され、冗長性を確認することが出来ます。

test10.rb:3: warning: assigned but unused variable - sum

 

まとめ

オプションには多くの種類と活用方法があり、あまり使わないオプションもあります。全てを使用しようとはせずに、利用しやすいものだけを試してみましょう。

 

監修してくれたメンター

木村勇土

TechAcademyの現役メンター。

現在は行政書士事務所を運営しており、お客様にはプログラマーやフリーランサーも多い。
WordPressを中心とした自社のWebサイトの修正などを行なっている。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間でRuby on Railsを使ったプログラミングを習得できるオンラインブートキャンプRuby講座を開催しています。

挫折しない学習方法を知れる説明動画や、現役エンジニアとのビデオ通話とチャットサポート、学習用カリキュラムを体験できる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。