Pythonにおける文字列データの利用方法について現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPythonにおける文字列データの利用方法について現役エンジニアが解説しています。文字列データとは、データ型のひとつで文字列のデータで構成されたデータになります。Pythonにおける文字列データの書き方や表示方法、出力方法など利用方法について解説します。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

Pythonにおける文字列データの利用方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

そもそもPythonについてよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプPython講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Pythonにおける文字列データの利用方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

目次

 

文字列データとは

Pythonにはいくつかのデータ型が存在しています。今回紹介する文字列データとはデータ型のひとつで名前の通り文字列のデータで構成されたデータになります。

Pythonで主に使用するデータ型一覧

int型[整数]
float型[小数点]
str型[文字列]
bool型[真偽値]
list型[リスト]
tuple型[タプル]
dict型]辞書]

今回はPythonで使用できるデータ型の中の文字列データ[str型]について紹介していきます。

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

文字列データの使い方

Pythonで文字列データを使うには、文字列データとして指定したい文字を’  ‘で囲む事で文字列データとしてプログラムに記述する事ができます。

※文字を囲む記号は’  ‘以外に”  “も使用できます。

例として、下記の様に使用します。

'apple'
"orange"
'123'

※数字も例のように記号で囲む事で文字列データとして扱う事ができます。

また、Pythonには文字列データに変換するstr関数があります。このstr関数は以下のように使用する事でデータ型を文字列データ[str型]に変換することができます。

str(データ)

[print関数での使用例]
print( 'apple' + str(123) )

※print関数では異なるデータ型を同時に出力できない仕様になっているので上記のようにstr関数を使用して出力するデータを文字列データへ統一する必要があります。

 

文字列データをプログラムに記述してみよう

それでは、Pythonにおける文字列データの利用方法についてこれまで紹介した内容をサンプルコードを参考に実際に記述してみましょう。

サンプルコード

# 変数に値をセットする(文字列データ)
str_data1 = 'apple'
str_data2 = 'banana'
str_data3 = '123'

# 変数に値をセットする(整数データ)
int_data1 = 123
int_data2 = 456

# 文字列を出力してみよう
print( '文字列を出力してみよう' )
print( str_data1 )
print( str_data2 )
print( str_data3 )
print( str_data1 + str_data2 + str_data3 )
# str関数を使用して文字列データを出力してみよう
print( 'str関数を使用して文字列データを出力してみよう' )
print( str( int_data1 ) )
print( str( int_data2 ) )
print( str( int_data1 + int_data2 ) )
print( str(int_data1 ) + str( int_data2 ) )

 

実行結果

文字列を出力してみよう
apple
banana
123
applebanana123
str関数を使用して文字列データを出力してみよう
123
456
579
123456

 

解説

コード2-4行目では、変数に文字列型データをセットしています。

コード7-8行目では、変数に整数型データをセットしています。

コード12-15行目では、文字列型データがセットされた変数を出力しています。

コード19-22行目では、整数型データがセットされた変数をstr関数を使用して出力しています。

コード21行目では、int_data1とint_data2の整数を加算した結果をstr関数を使用して出力しています。

コード22行目では、int_data1とint_data2をそれぞれstr関数を使用して文字列データに変換したものを文字列結合して出力しています。

実行結果では、それぞれ文字列データとして出力された内容が確認できます。

まとめ

今回は、Pythonにおける文字列データの利用方法について紹介しました。

関数等にて指定するデータの型があらかじめ決められていたり、プログラム上で文字列データで処理する必要がある場合などに、今回紹介した内容を使用する事が多くあります。

今回の内容をしっかりと理解しておくと今後データ型の操作が必要な場合にすぐ対応できるようになりますので是非マスターしてください。

監修してくれたメンター

菅繕久(すがよしひこ)

現在はフリーランスのエンジニアをしていてプログラミング歴は8年目になります。

普段は Python、FileMaker等を使って様々な業務で活用できるIoTプロダクトRPAツールを作成しています。
開発実績としては、業務自動化ツール(在庫管理・発注・ファイル操作 etc)、電子カルテシステム、ロボット用プログラムなどがあります。

TechAcademyではPythonコースを担当しております。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間でPythonを使った人工知能(AI)や機械学習の基礎を習得できるオンラインブートキャンプPython講座を開催しています。

挫折しない学習方法を知れる説明動画や、現役エンジニアとのビデオ通話とチャットサポート、学習用カリキュラムを体験できる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。