Photoshopで文字をパス化する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPhotoshopで文字をパス化する方法について解説しています。文字をパス化することでテキストの状態では適用できない編集を行うことができます。パス化を行う手順を覚えておきましょう。

テックアカデミーマガジンは受講者数No.1のプログラミングスクール「テックアカデミー」が運営。初心者向けにプロが解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

Photoshopで文字をパス化する方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が初心者向けに解説します。

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプPhotoshop講座のカリキュラムをもとに執筆しています。

 

田島悠介

今回は、Photoshopに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

文字をパス化する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

目次

 

パスとは

パスは、1つ以上の直線セグメントまたは曲線セグメントで構成された線のことです。
ペンツールなどで作成することができます。

 

[PR] Webデザインで挫折しない学習方法を動画で公開中

文字をパス化するメリット

文字をパス化することで、文字は図形化され、テキストの状態では使えなかったPhotoshopの機能や効果を適用できるようになります。また、文字を書く時に使用されたフォントがインストールされていないコンピューターでファイルを開いた場合も、文字の形を崩すことなく表示することができるようになります。

 

文字をパス化する方法

レイヤーパネルで、パス化したい文字が書かれたテキストレイヤーを選択します。

メニューから「書式」ー「作業用パスを作成」をクリックし、文字から作業用パスを作成します。

タブの「パス」をクリックしパスパネルを表示します。タグが表示されていない場合は、メニュー「ウィンドウ」ー「パス」をクリックすると表示されます。

作成された作業用パスをダブルクリックし「パスの保存」パネルを表示し、名前をつけて保存します。

 

まとめ

文字をパス化し、Photoshopの機能や効果をいろいろ適用できるようするとデザインの幅も広がり、オリジナルロゴの作成などに利用できます。
ただし、文字をパス化した後は、文字の編集が行えなくなるので、変更する前のデータを別名保存しておくことをお勧めします。

 

監修してくれたメンター

メンターOM

Webデザインの勉強のためロサンゼルスに留学。
その後、現地のWeb制作会社に就職し、Webデザイナーとしてのキャリアをスタート。

現在もロサンゼルスで働く傍ら、フリーランスのWebデザイナーとして、
アメリカだけでなく日本からのWeb制作も請け負う。
また、画像のリタッチが得意なので、しばしばリタッチの依頼も請け負う。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは初心者でも1週間でフォトレタッチをマスターできるオンラインブートキャンプ Photoshop講座を開催しています。

現役デザイナーに毎日チャットで質問することができます。