JavaScriptでの繰り返し処理whiledoについて現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaScriptでの繰り返し処理whiledoについて解説しています。これは繰り返し処理のひとつです。式の書き方、繰り返しを抜ける条件と判定場所、使い方の例を学習しましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

JavaScriptでの繰り返し処理whiledoについて、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

そもそもJavaScriptについてよく分からないという方は、JavaScriptとは何なのかについて解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプJavaScript/jQuery講座の内容をもとにしています。

 

田島悠介

今回は、JavaScriptに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

繰り返し処理whiledoについて詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

目次

 

whiledoとは

繰り返し処理の一つの方法です。JavaScriptでは以下のような繰り返し処理があります。

  • for 文
  • do…while 文
  • while 文
  • label 文
  • break 文
  • continue 文
  • for…in 文
  • for…of 文

今回は、この中の「while」「do…while」を説明します。

 

[PR] JavaScript・jQueryで挫折しない学習方法を動画で公開中

whiledoの使い方

「while」「do…while」は「while」の後に条件式を記載し、その条件式の結果によって処理を繰り返します。

式の書き方 繰り返しを抜ける判定条件 判定場所
while(式) 式の結果がtureと評価される限り繰り返し 最初
do…while(式) 式の結果がfalseと評価されるまで限り繰り返し 最後

 

whiledoを利用して繰り返し処理を実行してみよう

<!DOCTYPE html>

  <html lang="ja">

  <head>

    <meta charset="utf-8">

    <title>Surplus JavaScript</title>

  </had>

  <body>

    <script type="text/javascript">

      //件数を定義

      var chkcount = 0;

      //件数が100以下の間、処理を繰り返す

      while ( chkcount < 100 ) {

        //件数の表示

        console.log(chkcount)

        //10の倍数で無い間、繰り返す

        do {

          //件数を加算する

          chkcount = chkcount + 1

        } while ( chkcount % 10 != 0 )

      }

    </script>

  </body>

</html>

 

まとめ

繰り返し処理は、条件の指定の仕方でどの書き方でも大抵は実装することが出来ます。まずは自分の得意な書き方とマスターし、他の方法も覚えていきましょう。

 

監修してくれたメンター

小宮山晃史(こみやまこうじ)

現在はOracle系システムの導入コンサルに勤め、仕事でコーディングをする機会は少なくなくなっているが、ライフワークで数多くの言語を勉強中。

iphoneのアプリ開発やWEBサーバの構築など幅広く挑戦しています。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間でJavaScript・jQueryを使ったWebサービス公開を習得できるオンラインブートキャンプJavaScript/jQuery講座を開催しています。

挫折しない学習方法を知れる説明動画や、現役エンジニアとのビデオ通話とチャットサポート、学習用カリキュラムを体験できる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。