JavaのstartsWith、endsWithメソッドの使い方を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaのstartsWith、endsWithメソッドの使い方について解説しています。これらは文字列が指定した文字列で始まるか、あるいは終わるかどうかを判定するときに使用されます。startsWithとendsWithメソッドの書き方、実行結果の見かたを覚えましょう。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

JavaのstartsWith、endsWithメソッドの使い方について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

そもそもJavaについてよく分からないという方は、Javaとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプJava講座の内容をもとに作成しています。

 

田島悠介

今回は、Javaに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

startsWith、endsWithメソッドの使い方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

目次

 

startsWith、endsWithメソッドとは

JavaのstartsWithメソッドは、文字列を指定し、その文字列で始まるどうかを判定するメソッドです。このように判定する方法をパターンマッチでは前方一致と呼びます。

同様にendsWithメソッドは、文字列を指定し、その文字列で終わるかどうかを判定するメソッドです。パターンマッチでは後方一致と呼びます。

 

[PR] Javaプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

startsWithメソッドの使い方

startsWithメソッドの書き方は以下の形式です。

文字列.startsWith(String 判定する文字列);

引数には、前方一致しているか判定したい文字列をString型で指定します。一致している場合はbool型で「True」を返し、一致していない場合は「false」を返します。

 

startsWithメソッドで引数offsetを指定して文字列を判定する方法

startsWithメソッドには、引数offsetを指定した、別の書き方があります。形式は以下です。

文字列.startsWith(String 判定する文字列, int 判定を開始する位置);

第1引数には、先程と同様に前方一致しているか判定したい文字列をString型で指定します。

第2引数には、その文字列の何文字目から判定するかをint型で指定しています。ここで指定するのはバイト数ではなく、文字数ベース の数値になることに注意が必要です。

先程と同様に一致している場合はbool型で「True」を返し、一致していない場合は「false」を返します。

 

endsWithメソッドの使い方

endsWithメソッドの書き方は以下の形式です。

文字列.endsWith(String 判定する文字列);

引数には、後方一致しているか判定したい文字列をString型で指定します。一致している場合はbool型で「True」を返し、一致していない場合は「false」を返します。

 

実際に書いてみよう

コードは以下のようになります。

public static void main(String[] args) {

  String hoge = "HelloWorld";
  System.out.print("startsWithの確認1:");
  if (hoge.startsWith("Hello"))
  {
    System.out.println("前方一致しました!");
  }
  else
  {
    System.out.println("一致しませんでした。");
  }

  String hoge2 = "012ハローワールド";
  System.out.print("startsWithの確認2:");
  if (hoge2.startsWith("ハロー", 3))
  {
    System.out.println("前方一致しました!");
  }
  else
  {
    System.out.println("一致しませんでした。");
  }

  System.out.print("endsWithの確認 :");
  if (hoge.endsWith("World"))
  {
    System.out.println("後方一致しました!");
  }
  else
  {
    System.out.println("一致しませんでした。");
  }
}

このコードの結果は以下です。

 

まとめ

いかがでしたか。今回はstartsWith、endsWithメソッドを使用した、指定した文字列で始まっているか、または終わっているかを判定する方法を説明しました。

実務では前方や後方に規則性のある文字列を定義している際に、その判定で使用します。

例えば、IP電話の電話番号は「050」から始まります。startsWithメソッドを使用すれば、その電話番号がIP電話のものか判別することができます。

 

監修してくれたメンター

メンターK

独立系SIerで6年勤務後、現在は製造業の社内SEとして働いている。開発言語はJava, C#, VBAを得意としており、生産管理システムの運用や開発に携わっている。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でもJavaやServletの技術を使ってWebアプリケーション開発を習得できるオンラインブートキャンプJava講座を開催しています。

挫折しない学習方法を知れる説明動画や、現役エンジニアとのビデオ通話とチャットサポート、学習用カリキュラムを体験できる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。