Photoshopペンツール使い方の基本【初心者向け】

Photoshopの初心者向けに【ペンツール】の基本操作を解説した記事です。ペンツールを使用してパスを形成すると、解像度に依存しないベクトル形式での描画が可能になります。直線、ベジェ曲線、塗りつぶしなど基礎をおさえておきましょう。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

監修してくれたメンター

ノマリカ

印刷会社で校閲とDTPオペレーションを5年、Web制作会社でデザイナーを8年、一般企業でWeb担当を1年経験した後、フリーランスのデザイナーとして独立。
伝わりやすくて明快なデザインを得意としている。

Photoshop初心者向けに「ペンツールの使い方」を解説する記事です。

ペンツールを使用してパスを形成すると、解像度に依存しないベクトル形式での描画が可能になります。

パスは何も描かれていない状態から作成する以外に、画像内のオブジェクトに沿って作ることも可能です。

※今回の作業はすべてAdobe Photoshop CCのバージョンで行っています。

目次

 

大石ゆかり

田島メンター!!「ペンツール」って線を引く機能ですよね。

「ブラシツール」とは何か違うんですか~?

田島悠介

「ペンツール」は「ベクトル形式(ベクタ形式)」の線を作成するんだ。

「ブラシツール」だと「ラスタ形式」になるね。

大石ゆかり

ベクトル形式にはどんな特徴があるんでしょう?

田島悠介

大きな特徴として「描いたあとで変形・修正ができる」「拡大しても画質が劣化しない」などがあるよ。

操作方法が少し独特なので、1つずつ実践してみよう。

 

ペンツールでパスを作成する

左のペンツールのアイコンを右クリックし、一番上の「ペンツール」を選択します。

ps_pent_1

ペンツールで作成する「パス」とは、「アンカーポイント」と呼ばれる点と「セグメント」と呼ばれる線がつながったものです。

始点と終点が同じアンカーポイントのものを「クローズパス」、始点と終点が別の位置にあるものを「オープンパス」と呼びます。

実際にペンツールを使ってみましょう。

 

直線を描画する

カンバス内をクリックすると小さな四角形(アンカーポイント)が追加され、さらに別の場所をクリックするとアンカーポイント同士がつながり、線(セグメント)が形成されます。

下図は、始点と終点が同じアンカーポイントなのでクローズパスです。

ps_pent_2

 

曲線(ベジェ曲線)を描画する

アンカーポイントを追加する際に、クリックではなくドラッグすることで、ドラッグした方向とその反対側にハンドル(方向線)を出現させることができます。

このハンドルを使用することでベジェ曲線を作成することが可能になります。

下図はベジェ曲線を使って図形を描画している途中の様子ですが、この時点では始点と終点が別のアンカーポイントなのでオープンパスと言えます。

ps_pent_3

 

作成したパスの塗りつぶし・選択範囲の作成などを行う

パスを選択した状態で右クリックするとメニューが表示され、そのパスをどのように利用するかを選択できます。

 

パスの内側を塗りつぶす

「パスの塗りつぶし…」を選択すると、クローズパスの内側を好きな色で塗りつぶすことができます。

ps_pent_4

選択範囲を作成する

「選択範囲を作成…」を選択すると、クローズパスで囲まれた範囲を選択範囲に変換できます。

カスタムシェイプを定義する

「カスタムシェイプを定義…」を選択すると、描画したパスをカスタムシェイプとして登録できます。

一度登録したシェイプはいつでも「カスタムシェイプツール」メニューから使用可能です。

ps_pent_5

 

大石ゆかり

ベクトル形式の画像データを作成したり、それを素材にしたりもできるんですね。

他にはどんな使い方があるんですか?

田島悠介

ペンツールは画像の切り抜きや加工にも利用することができるんだ。

次の例を見てみようか。

 

[PR] Webデザインで挫折しない学習方法を動画で公開中

フリーフォームペンツールで写真からパスを作成

最後に、フリーフォームペンツールを使用した便利なパスの作成方法です。

ペンツールのアイコンを右クリックし「フリーフォームペンツール」を選択します。

ps_pent_6

 

次に、上のオプションバーの「マグネット」にチェックを入れます。

ps_pent_7

 

写真内で選択したい部分の輪郭の一部をクリックし、そのままポインタを動かしてみましょう。

ドラッグしたり、途中でアンカーポイントを作成するためにクリックなどをする必要はありません。

すると以下の画像のように、境界に沿って自動でパスが作成されます。

最終的に、始点となるアンカーポイント上でクリックすると、クローズパスが作成されます。

ps_pent_8

 

以下の画像は、クローズパスを選択範囲に変換し、レイヤーマスクをかけた状態です。

ps_pent_9

 

フリーフォームペンツールは、写真内のあるオブジェクトを切り抜いたり、その形に沿ってベクトル形式の図形の描画を作成したい時に便利です。

 

まとめ

ペンツールが使えるようになると、ベクトル形式の直線や曲線である「パス」の描画がマウス操作で可能になります。

また、Photoshopにはフリーフォームペンツールのように、画像の情報を読み取り自動的にパスを描画するツールもあります。

作成したパスは、画像素材を描画したり、選択範囲を作成したりすることができるので、画像編集の際に便利に使えるようぜひ覚えておきましょう。

 

今回の記事は以上です。

ペンツールを使った線の描き方をさらに学びたい場合は、Photoshopを使ってベジェ曲線を描く方法もあわせてご覧ください。

 

田島悠介

フリーフォームペンツールは「ブラシツール」のような感覚で使用できるので、細かい調整を行いたいところで使ってみるといいかもしれないね。

大石ゆかり

こんなきれいに切り取れるんですね。

田島悠介

画像内のコントラストがはっきりしていなくて、自動選択ツールなどで対象物を切り取れないときはペンツールを使うことも考えてみよう。

大石ゆかり

はい!ありがとうございます!

 

Photoshopを学習中の方へ

これで解説は終了です、お疲れさまでした。

  • Photoshopを調べたけど分かりづらい
  • 副業や転職後の「現場で使える」知識やスキルを身につけたい

Photoshopの学習や情報収集をしていて、このように思ったことはありませんか?

テックアカデミーのPhotoshop講座では、第一線で活躍する「プロのWebデザイナー」が教えているので、効率的に実践的なスキルを完全オンラインでしっかり習得できます。

合格率10%の選考を通過した、選ばれたWebデザイナーのチャットサポートを受けながら、初心者でもフォトレタッチをマスターできます。