Photoshopでチャンネルミキサーを使う方法【初心者向け】

Photoshopで【チャンネルミキサー】を使う方法を初心者向けに解説した記事です。チャンネルミキサーを使うことで、色を要素ごとに分けて、細かい調整が可能になります。3つの円の画像を例にして、色がどのように変わるのか具体例を紹介。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Photoshopでチャンネルミキサーを使う方法を初心者向けに解説した記事です。

この機能を使うことで、色を要素ごとに分けて、細かい調整をおこなうことができます。

(※今回の作業はすべてAdobe PhotoShop CCのバージョンでおこなっています)

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインPhotoshop講座のカリキュラムをもとに執筆しています。

 

大石ゆかり

田島メンター!!チャンネルミキサーって何ですか?どのようなときに使うんですか?

田島悠介

色を調整する機能のひとつなんだけれど、画像全体ではなく特定の色に対しての補正を行うんだ。

大石ゆかり

なんだか難しそうですね……

田島悠介

その変わり、他の修正方法ではできないような複雑な加工もできるようになるよ。是非やってみよう!

 

チャンネルミキサーの使い方

まずは、メニューから「ウィンドウ」をクリックします。

color_rgb_m_1

 

「色調補正」にチェックを入れます。すでに付いている場合はそのままでOKです。

color_rgb_m_2

 

色調補正タブ内の「チャンネルミキサーの調整レイヤーを新規作成」をクリックします。

color_rgb_m_3

 

チャンネルミキサーのレイヤーが作成されました。

color_rgb_m_4

 

チャンネルミキサーのレイヤーとそれを適用させたいレイヤーの中間にカーソルを合わせ、Altを押します。図のようにカーソルが変化するので、その状態でクリックします。

color_rgb_m_5

 

これで下のレイヤーにだけチャンネルミキサーが適用されるようになりました。

color_rgb_m_6

 

チャンネルミキサーのレイヤーをダブルクリックするとダイアログが表示されるので、左上の「チャンネルミキサー」のアイコンをクリックします。

各表示項目の内容は下記の通りです。

  • 出力先チャンネル:デフォルトでは「レッド」に設定されています。これは#RRGGBBで構成されている色コードの#RRGGBBの部分を調整するという意味です。
  • 各スライダー:画面上の「レッド」「グリーン」「ブルー」に関連する色を調整するという意味です。ここで「レッド」のスライダーを動かした場合、下の黒丸で囲まれた部分にだけ変更が反映されます。他の部分は変化しません。

color_rgb_m_7

実際に使ってみましょう。

 

まず最初に、「レッド」のスライダーを100%から0%へ移動させてみます。

画面はこのように変化しました。

color_rgb_m_8

 

どのように各色のコードが変化したかを図にしてみました。緑の部分が変更された箇所になります。

“FF”の部分がそれぞれ”00″になり、そのコードに対応した色に変わりました。

color_rgb_m_9
 

大石ゆかり

「レッド」の部分だけを動かすと、緑色と青色の部分は変わらないんですね。

田島悠介

これがチャンネルミキサーでできることなんだ。特定のカラーチャンネル(色の成分の情報)に対してだけ補正を行うので、チャンネルごとに異なった調整ができるんだよ。

大石ゆかり

緑や青だけ変更することもできるってことですか?

田島悠介

その通り!他のパターンも見てみようか。

 

「レッド」を100%に戻し、次は「グリーン」のスライダーに関連するところを見てみます。

黒丸の部分がグリーンへの変更が反映される部分です。他の場所はこのツマミには関係がありません。

color_rgb_m_10

 

続いて、「グリーン」を0%から100%にしてみました。色はこのように変化しています。

color_rgb_m_11

 

各コードの変化です。黄色の部分は最初から調整する部分が”FF”という最大値のため変化しません。

他の色はそれぞれ”00″から”FF”へ変わり、それに対応した色へ変わっています。

color_rgb_m_12

 

「ブルー」の場合に適用される部分はここになります。

color_rgb_m_13

 

続いて、0%から100%に変更させた場合の図です。

color_rgb_m_14

 

各色コードの変化です。先ほどと同様に、最初から”FF”の部分はそのままになっています。

color_rgb_m_15

 

次に、「出力先チャンネル」を「レッド」から「グリーン」に変えてみましょう。

この場合、色コードで変化が起きるのは#RRGGBBの中の#RRGGBBの部分になります。

color_rgb_m_16

 

「レッド」のスライダーを0%から100%に移動させました。

color_rgb_m_17

 

色コードの変化です。緑色で印を付けている数値が変更が反映された部分になります。

「出力先チャンネル」をブルーにした場合は#RRGGBBの箇所が変更されます。

color_rgb_m_18

今回の記事は以上です。
 

大石ゆかり

「レッド」と「グリーン」みたいに、複数のチャンネルを同時に操作することもできるんですね。

田島悠介

チャンネルミキサーは感覚的に使うのは少し難しいけれど、うまく利用することで画面内の色を自由に操作できるようになるんだ。

大石ゆかり

色コードやチャンネルについてもよく知っておく必要がありそうですね。ありがとうございます!

 

[お知らせ]TechAcademyでは初心者でも1週間でフォトレタッチをマスターできるオンラインPhotoshop講座を開催しています。現役デザイナーに毎日チャットで質問することができます。