Pythonにおけるstring型データの利用方法について現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPythonにおけるstring型データの利用方法について解説しています。string型データは文字列を扱うデータ型になります。頻繁に使用することになるので基本の書き方をしっかり覚えておきましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

Pythonにおけるstring型データの利用方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

 

そもそもPythonについてよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプPython講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

string型データの利用方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

目次

 

string型データとは

string型データというのは、「文字列」を格納するためのデータ型です。

文字列というのは、1文字だけではなく、複数の文字が連なっている列のことです。
例えば、

'Hello World'

という英語の文字列や、

'こんにちは'

という日本語の文字列、

'123456789'

という数字の文字列などがあります。

これらの「文字列」をはPythonにおいて、string型データとして扱う必要があり、そうすることで文字列の操作に関するメソッドを利用できます。

 

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

string型データの使い方

string型データを使うには、変数に格納します。

その際に、string型データであることを明示する必要はなく、

シングルクォーテーション ‘ ‘ 、もしくはダブルクオーテーション ” ” 、のどちらかで文字列を囲って変数に格納するだけで、string型データとして扱うことができます。

変数名 = '文字列'

もしくは、

変数名 = "文字列"

とします。

また、3つずつのダブルクオーテーションで囲って、

変数名 = """文字列"""

とすることで、改行を含めて複数行にまたがって文字列を準備できます。

 

string型データをプログラムに記述してみよう

それでは、string型データをプログラムに記述して、使い方について確認してみましょう。

# シングルクォーテーションで文字列を定義
>>> str1 = 'Hello World'
# ダブルクオーテーションで文字列を定義
>>> str2 = "こんにちは"


# print関数で文字列を表示
>>> print(str1)
Hello World
>>> print(str2)
出力: こんにちは

# ダブルクオーテーション3つで複数行にまたがって文字列を定義
>>> str3 = """Hello
... World"""
# print関数で表示
>>> print(str3)
出力: Hello
World

 

まとめ

この記事では、Pythonにおいてstring型データを用いて文字列を扱う方法について紹介しました。

文字列の操作はプログラミングにおいて必要不可欠です。

ぜひ覚えておくことをオススメします。

 

監修してくれたメンター

小倉翔悟(おぐらしょうご)

AIプログラミングを使って開発を行う大学3年生。

プログラミング歴は約3年でPythonは割と得意。好きな物理理論は一般相対性理論で動物も好き。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間でPythonを使った人工知能(AI)や機械学習の基礎を習得できるオンラインブートキャンプPython講座を開催しています。

挫折しない学習方法を知れる説明動画や、現役エンジニアとのビデオ通話とチャットサポート、学習用カリキュラムを体験できる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。